« 愛を積む人 | トップページ | ストリッパー談義 »

忘れ物の山(゜o゜)

先週金曜日は胃腸科の診察日でした。私としてはもう自覚症状がほとんどなく逆流性食道炎など忘れているくらい。。。

ドクターにその旨を伝えたら〔いやぁ、そうは簡単に治らないと思いますよ。飲んでいる薬が効いているのだと思います。〕  〔ではまだまだ薬は続けるんですね〕〔薬を止めたらすぐに症状が出ると思いますよ。でもこの薬は長く続けても心配ないですからね〕〔判りました(-.-)〕  というしだい。 

受付で〔ひと月前に文庫本を忘れて帰ったのですが・・・〕と云ったら〔忘れ物ですね、ハイ、ちょっとお待ちください〕と云って受付の方が奥から大きな段ボールを抱えて来て〔何日でしたか〕〔ぇ~と○月〇日〕〔なんという本?〕〔神様のカルテ〕受付嬢が段ボールをガサゴソかきまわして〔これかな〕〔はいはい、それです〕。。。 

病院はなんといっても高齢者が多く来るところ、ということは忘れ物が多いということですね(^_^;)見よ、この忘れ物の山!よく見たわけではないが衣類とかバックの様なものも見えました。今後気を付けまぁ~すbleah

002_480x321


以前に〔お言葉ですが・・・〕という本を読んで、この著者の本をまた読みたくて。

こういう題名大好きですsmile

OKCHAN様 本のご紹介ありがとうございました。

|

« 愛を積む人 | トップページ | ストリッパー談義 »

できごと」カテゴリの記事

コメント

おキヨさん、おはようございます

忘れ物はあまり無いんですが、落し物をして気がつかない。そんな事が最近2回もありました。近所のスーパーでしたが、2回ともありました。財布・・
おキヨさんはあ昔から、おてんばでやんちゃ??smile

投稿: | 2015年7月 6日 (月) 08時17分

岳様 お早うございます。

お財布を2度も落とした!?。。。それって文庫本を忘れるより悪いのではhappy01
女はケチですからね財布は滅多に落とさない。財布を落とすのは断然男性が多いですね。

”おてんばでやんちゃ”?誰のことかな。。。
私は何度も申している通り、しとやかで樋口可南子のように美しいデス!shine

投稿: おキヨ | 2015年7月 6日 (月) 09時43分

どういたしまして。

投稿: OKCHAN | 2015年7月 6日 (月) 11時57分

OKCHAN様
森本哲郎氏の旅物語は取り寄せできませんでした。
残念!

投稿: おキヨ | 2015年7月 6日 (月) 14時12分

高島さんの本は私も持っています。
悪口好きは人後に落ちませんので・・・。
落し物では忘れられないことがあります。
私が落とした財布が親切にも警察に届けていただき、そこまでは良かったのですが、それを受け取ってきた連れ合いが、ご丁寧にも置き忘れてきてしまったのです。
奇跡は2度は起きませんでした。
その話を聞いたときは冗談だろうと思ったのですが、本当のことで、笑うしかないような気になりましたね。
やがて人生の終末期に、人生最後の大きな忘れ物、自分を失うことになるのでしょうかね。

投稿: | 2015年7月 6日 (月) 15時23分

最近 道路でお財布を拾いました。
ペンケースみたいなお財布でした。
塾の近くでしたので筆箱?・・・と思い、届けて
あげよう~と思って開けた所お財布・・・。
即警察に届けに行きましたがお財布など
拾う物ではありませんね。
持ち主が嫌な人だったら、中身が違う・・・なんて
ケチをつけられそうで、
お財布の中身には手をふれませんでした。
ロシアではわざと透明な袋にお金をいれて、拾った
親切な?人に「中身を取った」といちゃもんをつけて
脅すスリが居るので、お金を拾わないように!!!と、
注意がされています。

投稿: マーチャン | 2015年7月 6日 (月) 17時14分

風花爺さん様・・・でよろしいでしょうか?

高島さんの著書を今まで知らずにいたことがとても損した気分です。面白いですね。

落し物が幸い見つかったというのに奥様がうっかり置き忘れたのですね。こういう場合はどう納得すべきかが問題で、もし財布をご自宅へもちかえった場合にはもっとよくない災難と遭遇したかもしれません・・・ですから落とした財布は元々縁がもう切れていたんです。奥様がお忘れになったことで良しとしましょう^^

人間すべて最後は自分を失うでしょう^^

投稿: おキヨ | 2015年7月 6日 (月) 20時36分

マーチャン様
文明国で最も正直で親切なのは日本人とよく言われますが、海外に日本人が行った場合災難に巻き込まれやすいのはおっとりした日本人らしいですね。
親切も場合とお国柄によるということですね。

国内から出たことの無い私、ロシアの話には驚いてしまいます。
日本人が国際人になるためには人を疑うことを知らなければならないようですねbearing

投稿: おキヨ | 2015年7月 6日 (月) 20時47分

こんばんは。
大切な本がお手元に戻ってきて良かったですね。
高島さんの本も面白いので…面白い本は持ち歩くものなので、また忘れないように…^^。
な~んて余計なお世話をしてすみません。
かくいう私も、一年以上前のことですが、倒れた際に頭を強打し、その後しばらくひどくボンヤリしてお財布を二回置き忘れました。いずれも通院の際、薬局などで。でも幸いなことにすぐ側に居た方が「忘れ物ですよ」と知らせてくださって…。
一回目は若い女性、二回目は青い目の外国人の青年で本当に有難いと思いました。
最近お財布は忘れなくなりましたが、どうも頭の中の何かが無くなっているようで…その何かさえ思い出せないようなんです。

投稿: 粉雪 | 2015年7月 6日 (月) 23時14分

記事タイトルに合わせたつもりはなかったのに、名前を入れるのを忘れていました。
ご明察の通りです。

投稿: 風花爺さん | 2015年7月 7日 (火) 05時13分

粉雪様

忘れた本をすぐに鳥に戻らなかったのはこの本4巻もあるので一冊ぐらい無くなっても困らないんです^^
しかしなんですね。体のあちこちの衰えがとみに目立つこの頃脳内だけが今まで通りというわけにはいかないようです。
2,3年前までは夫がものを亡くしたり忘れたりするのを〔大丈夫かしら。ボケる前兆では?〕と心配しましたが、今は自分が同じようになってしまいました(・_・;)

倒れた時に頭を打った・・・こういうことがあるんですね。その後は心配はなかったんですね。
倒れる場所にも運不運があるようですね。
年を取ると心配が増えます。
意識的でもいいから楽天的に生きようと私は思っています。

投稿: おキヨ | 2015年7月 7日 (火) 10時15分

ごめんなさい。
どうも私、文章を見直しもしないものですから、失礼な!と誤解されるようなことを書いてしまったかもしれません。
あくまでも私の場合ですが、好きな本ばかり病院に持って行くので、失くする確率が高いのです。
…そういう意味で、高島さんの本を忘れないようにと書いたつもりでした^^。お許しくださいね。
『神様のカルテ』は4冊もあるんですか…。
過去に家族の難しい介護を長くしたものですから、ドラマも、難病、闘病、病院や死を扱ったものが見られなくなってしまって……。
最近ようやく、少しなら大丈夫になりました。
それにしても、おキヨ様のように数多くの本を読破して行くことは、私には、もうとても出来ません。
意欲的で本当に若々しいと思います。

投稿: 粉雪 | 2015年7月 7日 (火) 20時44分

粉雪様
お気持ちが繊細なんですね
貴女は何一つ謝らなければならないようなことをお書きになっていませんよ(^_^)
忘れ物を頻繁にする人間に対し〔気を付けなさいよ^^〕というのは当たり前でしょう。それにもブログ欄ではだいぶ長くお付き合いしていますし。。。
私の方では粉雪さんを親しく感じていますので遠慮なく意見を述べてくださいね。と云っても貴女は意見などおっしゃらないでしょうけど。。。(*^-^)

いえいえ、私もだいぶ読書力が落ちました。眼も悪くなってしまったし、読書も体力を使うということが最近分かってきました。
でも幼児のおしゃぶりと同様なかなか本を手放せません

投稿: おキヨ | 2015年7月 8日 (水) 00時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 愛を積む人 | トップページ | ストリッパー談義 »