« 我が郷が舞台の本 | トップページ | 威厳ある父親 »

 田島弥平旧宅を見学

画材を買いにいつも隣県新田町にある、j・ホンダに行くのですが、2年ほど前から途中に〔国指定史跡田島弥平旧宅〕という立て看板が立つようになり、以前のただの田舎道とは違って何か物々しく、常時係り員がこの旧宅の入口に立つようになりました。群馬県の富岡製糸工場が世界遺産になったと同時に田島邸が〔絹産業遺産群〕として国指定史跡となったようです。

それまではたしかにこの辺りの家屋としては  一風変わった造りのお宅だったので、私は以前よく道路わきでスケッチをしたものでした。

国指定史跡に任命されたのならこれはめでたい、機会があったならぜひとも中を拝見したいものとかねがね思っていたのですが、昨日買い物を早めに済ませ田島邸を見学してきました。

030_480x321

ごく普通の旧家の門

031_480x321

当時は養蚕農家としてはかなり派手な造りだったそうです。

自然飼育から清涼育法を確立養蚕技術の改良をするための家屋だったようです。

034_480x321

この母屋はまだ田島家の子孫が住んでいるので中を拝見することが出来ませんでした。

036_480x321


井戸 見学者は我が夫婦だけでしたが、はしたなくここに登って井戸の中をのぞき込むような真似は出来ません。〔係員が見張っているcoldsweats01

037_480x321

お庭 さすが立派ですね。鳥居がある。。。

042_480x321

個人のお宮さんですね。

埼玉県深谷市にある渋沢栄一旧宅にも庭にお宮さんがありましたがこの時代の

財閥は自宅に神様を祀っていたんですね。

046_480x321

大正天皇妃貞明皇后の碑がありました。お越しあそばした?

047_480x321

・・・とまぁ、今までただの豪農だとばかり思っていたのですが

養蚕技術の改良で全国の模範となり、近代日本の発展に大きく貢献した〔絹産業の

父〕ともいわれる人物の旧宅がこんなところにあったとはつい最近まで知りませんでした。

048_480x321

道路からだとこんな感じ・・・そりゃわかりません。

|

« 我が郷が舞台の本 | トップページ | 威厳ある父親 »

できごと」カテゴリの記事

コメント

知らない事が分る事ってブログの良い所ですね。
おキヨさん ありがとう~ございました。
ご夫婦2人だけでしたら、ユックリ見学できましたね。
これからはきっと、混むかも知れません。

投稿: マーチャン | 2015年7月26日 (日) 07時11分

マーチャン様
ですよねぇ・・・。何もかも知っているという方は居ないのですから、これはお互い様ですよね。私もブログをはじめる前よりは物事を知ったように思います。
皆様のおかげ。。。

田島旧宅はものすご~く地味ですから、マーチャンも
こちら方面にお出かけの際にお寄りになったほうがいいと思いますよ。わざわざいらしてもがっかりされるかもhappy01

投稿: おキヨ | 2015年7月26日 (日) 17時03分

おキヨさん、こんばんは

何気ない発見って結構ありますよね!
一度見に行きたいと思いましたよ。
私の好きな無名のスポットは、松代の象山神社の近く
「山寺常山亭」ここの紅葉は一見の価値ありますよ。

投稿: | 2015年7月26日 (日) 22時06分

岳様 こんにちは。

ありますねー。。。
そもそも、日本の発展に大きく関わりのある蚕業にあまり興味を持っていなかったというのが本音です^^;
そして、この場でスケッチしていた時、近所のおばさんがこの家のことをいろいろ教えてくれたのですが、それがほとんど悪口ばかり。。。歴史に貢献した話など一言も言わなかったeye

松代はずいぶん行きませんねぇ。。。今年あたり行ってみようかしら。

投稿: おキヨ | 2015年7月27日 (月) 11時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 我が郷が舞台の本 | トップページ | 威厳ある父親 »