« アルフレッド・ハウゼタンゴオーケストラ鑑賞 | トップページ | ご近所付合いの有難さ »

貴方はどうでしょう(^_^)

連休にはどこにも出かけない主義の私、ヒマに任せてネット検索していたら面白いものをみつけました。知的であるかどうかは5つの態度で判る、というんですね。 

1 異なる意見に対する態度

知的な人は異なる意見を尊重するが、そうでない人は、異なる意見を〔自分への攻撃〕ととる。 

2 自分の知らないことに対する態度

知的な人は判らないことを喜び怖れない。それについて学ぼうとする。そうでない人は判らないことを恥とする。そしてそれを隠し、学ぼうとしない。 

3 人にものを教えるときの態度

知的な人は、教えるために、自分に〔教える力なくてはならない〕と思っている。そうでない人は〔相手に理解する力〕が無くてはならないと思っている。 

4 知識に対する態度

知的な人は損得抜きに知識を尊重する。そうでない人は〔何のために知識を得るのか〕がはっきりしなければ知識を得ようとしない。役に立たない知識を蔑視する。 

5 人を批判するときの態度

知的な人は相手の持っている知恵を高めるための批判をする。そうでない人は相手の持っている知恵を貶めるために批判する。 

さて自分はどうだろう。。。私の場合2年前に3番で自分が知性のない人間性が明らかになりました。

最初は、高齢の私でも他人様のお役に立てるのなら、と絵画グループで初心者に手ほどきを始めました。殊勝な考えで始めたことなのに思いどうりにいかないこと〔具体的に言うと時間にだらしがない。遊び半分〕に腹を立てて教えることを馬鹿らしく思ってしまったんですね。ここに1~5までの〔そうじゃない人〕が含まれているような気がする。。。bearing

知的じゃないうえに超我儘で怒りっぽい。ハイ、知性のかけらもありませんヾ(;´Д`A

201507151443502acs

学者の風貌ですね。チテキ~lovely

|

« アルフレッド・ハウゼタンゴオーケストラ鑑賞 | トップページ | ご近所付合いの有難さ »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

おキヨさんの3番・・・時間にルーズな人は
私も嫌ですね~。
遊び半分・・・これはその人の決心なのですから、
そのように合わせます。
私は、知的な人ではないので「知的な人の尺度はいかに・・・」と読みました。
難しいですね。相手が居る事ですから。
私は自分の主張が絶対譲れない場合以外は相手に
合わせる事をしてます。
詰りは争いが嫌なのです。think

投稿: マーチャン | 2015年9月22日 (火) 06時49分

マーチャン様
相手に合わせることが出来る貴女は知的な人です。
私もあるところまでは努力しますが〔そうでない人〕のかなしさ、合わせることを放棄しますimpact
我慢しなければならないような友達ならいらないですね。
この地方の女性達の時間のルーズさにはほとほと嫌気がさしました。地元では人を待たすことがそれほど問題でないようなので、これは私が悪い、ということになります。

争いが苦手なのは私も同じですscissors

投稿: おキヨ | 2015年9月22日 (火) 09時54分

おキヨさん、こんにちは

態度で知的かどうかを判断するのは難しいですね。職業によっても知的に見せる教育がありますが、単純に立ち居振る舞い、個人情報に立ち入らない話法、表現力などで随分変わります。職場のトップが大声で怒鳴っている婆面を良く見ましたが、怒る(叱る)より教えてやれと良く言いましたね。人を踏み台にして伸びて行く都会人、毎日が実践の勉強だと感じています。

投稿: 岳 | 2015年9月22日 (火) 15時57分

岳様 こんばんは。

知的な人かどうかを見極めるのは実は大変難しいそうですよ。単に物知りだけでは知的とは言えないし、知的職業の人がすべて知的とは言えないようです。

すぐカッとする性格は知的から最も遠い人間でしょうね。相手を威嚇するとか、威張り散らすとか、逆に不必要に低姿勢や卑屈なども駄目でしょう。

ウン、やっぱりその判断は難しいthink

投稿: おキヨ | 2015年9月22日 (火) 19時14分

仮に「知的」であることの条件が五つの態度を備えていることにあるとすれば、おそらくそのような人は有史以存在していないのではないでしょうか。
人間には理性とともに感情という制御することがとても難しいものを持っていて、時としてこれが「知的」であろうとする態度を超えてしまうのですね。
多くの人は知的でありたいと願い、知性を磨き、知識を涵養し、教養を高めようと務め、その結果「あの方は知的ですね」という評価を得られることはあるでしょうが、それはあくまで「知的」に見えるだけで「知」そのものではないのではないでしょうか。
かくいう私など知的五条件にはすべて外れで、これでは「痴的」人間の烙印を押されそうですね。

投稿: 風花爺さん | 2015年9月22日 (火) 21時29分

風花爺さん様

同感です。
そして、一言に知的と云っても高いレベルの知性からごく一般的なものまでと高低があるではないでしょうか。
人は知性と教養を研いただけでは、深みや味わいのあるある人物になりうるとは思えないのですが。。。
真の魅力ある人間になるためには何が一番大切か、
というところまでつい考えてしまいます。
他人の評価を得るための知性と教養、または学問は世の中を上手く生きるための条件にはなると思いますが
それで人格は高まるものでしょうか。

俗性が勝っている私などは、はなから知性などとは縁のない人間で、気楽に生きていければ万々歳というところでしょうか^^

面白い記事を見つけたのでついブログに書いてしまいましたが、自分から最も縁遠い話を書いてしまいました^^

投稿: おキヨ | 2015年9月22日 (火) 23時49分

こんばんは

私は自分を知的な人間と思ったことはありませんが、自分と意見の異なる人を否定はしませんね。
意見の違いについて話し合うのは好きなので、相手にはうるさがられているかもしれません。

人にものを教えるのは本当に大変です。それだけに自分にとって勉強になりますね。まず、自分がきちんと解っていないと教えられませんからね。
最近は「褒めて教える」ということが大切だなあと、つくづくと思っています。

投稿: silent-holly | 2015年9月23日 (水) 00時40分

岡目八目の処から口を出す様で申し訳ありません。
私は「風花爺さん」のご意見に同感です。
「知的な人」は見えても、本物の「知性ある人」は
表からは見えないのでは・・・・? 否、見せないのでは!

投稿: 仙人 | 2015年9月23日 (水) 09時01分

Silent-holly様

知性とか美しさは客観的なものででしょうね。
ただ、人として内面を豊かにしたい向上心があれば知性はおのずと身につくものではないかと思うのです。

同じ意見の人と話し合ってもあまり意味がないような・・・^^〔そうそう、そうなのよ~私達分かり合えるわネー〕でおしまい〔爆〕
人は一人ひとり違っていてこそ相手により以上の興味が生まれるものではないかと思います。

人にものを教えるのにも才能があるようですね。


投稿: おキヨ | 2015年9月23日 (水) 11時19分

仙人様

私も同様に思います。
これ見よがしな知性は本物ではない、となにかで読みました。
ことさらに難しい言葉や文章を並べ立てるより、万人に解る優しい言葉で人を納得させる表現をするのが本当の知性、のようです。

投稿: おキヨ | 2015年9月23日 (水) 11時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アルフレッド・ハウゼタンゴオーケストラ鑑賞 | トップページ | ご近所付合いの有難さ »