« 秋の気配 | トップページ | 自然の脅威 »

方言の行方

先日、Y新聞に岩手のある市で方言の存続が難しくなっているということが書いてありました。

東北大震災の災害で各地から多くのボランティアの方がみえるのでその影響も一因ではないかというのです。 

私はそれ以前の問題かと。。。つまり、幼い時分から四六時中テレビを見ていればそこから流れる言葉が家庭や周囲から聞く言葉より多い筈。自然標準語に耳が慣れるうえ、教育の場でもおそらく標準語で行なわれているのであれば  若い人達は古い地元の言葉を使わなくなるのが当然です。それでは方言の存続が危ぶまれるのも無理からぬこと。。。

しかし、東北弁って昔からそんなに存続がどうのというほど大事にされていましたっけ? 

昭和30年代頃までは〔方言〔東北弁〕撲滅運動〕とまでは言いませんが、私の学校では〔方言は醜い言葉、 教養にはふさわしくない〕という風潮がありました。

その時代から思うと東北の方言も随分と風向きが変わった気がします。でももうすでに遅いかもしれませんね。  私が子供の頃使った方言を同じ地元の若い人は知らない方が多いのですから。。。

Photo
〔ふるさとの訛りなくせし友といて モカコーヒーはかくまでにがし〕

寺山修司 きつい訛りを個性にしてしまいました。

|

« 秋の気配 | トップページ | 自然の脅威 »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

おキヨさん、こんにちは

方言は様々で、こちらのJA等は、機関誌で面白おかしく紹介しています。新潟駅周辺のお年寄りの使う沼垂弁は英語より分かりずらいです。イントネーションの違いは訛ると言うそうですが、その昔就職列車で上野に着いた人達はかなり気にしていた様ですね。

投稿: 岳 | 2015年9月10日 (木) 10時05分

岳様 こんにちは。

新潟の沼垂弁も判りずらいんですね(^o^)
方言で判りづらいトップはなんといっても北東北のズーズー弁。昔はほとんど外国語でしたね。
今は半分ぐらいしか残っていない思うのですが、イントネーションの方は簡単には直らないようです。

列車で帰郷の際は盛岡あたりから周囲の言葉で〔帰ってきた〕感がありますねdelicious

投稿: おキヨ | 2015年9月10日 (木) 10時58分

出身地が同じとわかった途端、それまで標準語で話していたのがお国言葉に変わる友人達を見て羨ましく思ったことがありました。標準語にはない親しみやすさがありますよね。標準語しか知らない私としては、何としても存続すべき!なんて思ってしまいますが…

投稿: 和乃香 | 2015年9月10日 (木) 16時02分

現在「共通語」(戦前は標準語)とされている言葉ももとをただせば東京・山手の方言?だったのですね。
もし、会津若松市が日本の行政の中心になっていたら「会津弁」が共通語になっていたかも知れません。
私は全国隈なく知っているわけではないのですが、狭い見聞の中でいうと、沖縄と秋田・角館の地元言葉は分からなかったですね。
もし、東北の人と沖縄の人が互いに土地言葉で会話したら、通訳でも入れない限りチンプンカンプンでしょうね。
いっそのこと、楽天などのように日本中、英語を共通語にしてしまったらどうでしょうか。
いや、英語にも酷い訛りがあるようですから、これもうまくいかないか・・・。

投稿: | 2015年9月10日 (木) 17時08分

失礼しました。
前文は私でした。

投稿: 風花爺さん | 2015年9月10日 (木) 17時10分

和之香様
お友達が3人の場合そのお二人が同じ地方の言葉だと中のお一人が軽い疎外感を持つのではないでしょうか^^
私の場合上京したての頃周囲がみな標準語、この疎外感はかなりのものでした。

ひとつより二つのほうが得?という観点で見れば
標準語と地方語2つのほうが。。。happy01

投稿: おキヨ | 2015年9月10日 (木) 18時09分

風花爺さん様

東京弁にも方言がありますね。主人の母は東京生まれですが独特の言葉遣いでした。明治の人ですからその時代の言葉を引きずっていたようです。
江戸言葉と、今の共通語とはずいぶんと違うようですものね。
京都が標準語になる可能性もあったのではないでしょうか。

面白いことに、青森では津軽と南部の言葉は違います。この地方の歴史が言葉を隔てたようです。
イントネーションは別として、方言というのは調べるとなかなか面白く味わい深いものがあります。

今でも〔橋と箸〕〔雲と蜘蛛〕というような言葉が正しく使えず夫に注意をされます^^

投稿: おキヨ | 2015年9月10日 (木) 18時29分

方言というのは、その地方で語られている言葉で、フランス地方ではフランス語、ドイツ地方ではドイツ語というわけですね。

投稿: 根保孝栄・石塚邦男 | 2015年9月10日 (木) 22時52分

私の生まれは岡山です。
幼稚園の時に横浜に引っ越しでやってきましたが、
思い出すのは、話すたびに、笑われた事でした。
今では岡山弁は、全く分かりません。

方言は暖かさを感じます。
ですから、無くならない事を願う1人です。
ただ・・・女性が「おれ」と言うのは
チョット抵抗があります。
でも、
おまえは、御前と言う丁寧語だったんですよね~。

投稿: マーチャン | 2015年9月11日 (金) 09時08分

根保孝栄・石塚邦男様

今は方言も市民権を得た感じもしますが、方言の方も共通語にだいぶ寄り添ったあげく、味わい深い方言を言葉の多くを失ってしまいました。

投稿: おキヨ | 2015年9月11日 (金) 10時56分

マーチャン様

横浜生まれだとばかり思っていましたが、岡山出身でしたか。
子供は率直ですから周囲と違う言葉遣いは関心を持たらたでしょうね。それがからかいの原因になると本人はつらい。。。

50年前は東北弁は下の下という感じで軽視、嘲笑、的でした。特に中身の軽い女性は露骨でしたよ。
私の同性嫌いの一因となっています〔執念深い?coldsweats01
男性は方言を楽しんでくれる人が多かった。男女の違いですね。

投稿: おキヨ | 2015年9月11日 (金) 11時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋の気配 | トップページ | 自然の脅威 »