« 目的地に行けない(;O;) | トップページ | 時代劇を楽しむ »

初期の絵の謎

先日八ヶ岳高原に行くとき、下仁田から内山峠を通りました。内山大橋から左手に見えるk〔兜岩山〕は絵の先輩や絵仲間と写生道具一式をもってたびたび描きに来たところです。 

その初期の絵がでてきましたが、これがなんというか、夫が〔これはどこの山だい?〕というぐらいですから、相当デッサンの狂いがあるのはたしかですが、それより地塗りに石膏だか砂だかを混ぜているため、今修正しようとしていくら絵の具を塗りこんでも砂が水を吸うように沈んでしまいます。  それと、キャンバスが酷いざらつきの為筆が使えず、布を指に巻きつけてこするように絵の具を塗りこめました。

約40年ほど前の絵ですが、家が建っている場所が畑の様な広地にみえます。現在の兜岩山中腹にはそんなところが見当たらず、これが謎ですね。。。本当にあったのかしら? 

当時のスケッチでもあればいいのですが、これがいきなり本番で描いたものなので、この絵以外には写真もありません。

004_480x321

F8号 ガラスが外れないので額無しです。何処から描いたのかも不明です(~_~;)

001_480x321

F4号

002_480x321_2

0号


下の2点は比較的最近のもの。

|

« 目的地に行けない(;O;) | トップページ | 時代劇を楽しむ »

絵画」カテゴリの記事

コメント

おキヨさん、こんばんは

初期の絵といいますが、気合いの入った作品!
その様に思います。
丁寧に、しっかり描かれていて、立体感があり
落葉松も季節感を訴求して来ます。
残念なのは、私の素人感です。coldsweats01

投稿: 岳 | 2015年10月29日 (木) 19時24分

岳様 こんばんは。

御批評さすがだと思います。
気合いが入っていることも、丁寧に描いていることもその通りです。描いた本人もそのあたり同様に思います。つまり、まだごまかし方を知らない時期で、見たもの全部描いています(~_~;)

素人、プロを問わず初期の作品はそういうものですよね^^

投稿: おキヨ | 2015年10月29日 (木) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 目的地に行けない(;O;) | トップページ | 時代劇を楽しむ »