« 白樺湖のゴールデンアカシア | トップページ | 野反湖の秋 »

2か月ぶりのデッサン会

先月は公民館の部屋を確保できずにデッサン会が休みになったので昨日は2か月ぶりのデッサン会でした。ひと月休むとやっぱり描きにくいですね。

003_480x321

15分

009_480x321

10分

008_480x321

5分

005_480x321

2分

006_480x321

2分

007_480x321_2

ムーヴィング

011_480x321

ムーヴィング

|

« 白樺湖のゴールデンアカシア | トップページ | 野反湖の秋 »

絵画」カテゴリの記事

コメント

さんくす♪(o ̄∇ ̄)/
めっきり冷えてきましたね。
白樺湖の秋の便りが気持ちいいですね。
捻挫だいぶん良くなりましたよ。(*^m^)

投稿: mitakeya | 2015年10月12日 (月) 21時32分

mitakeya様

こちらこそさんくす
阿蘇の雄大な風景と比べると箱庭的風景ですが
これもまた日本の風景美ですね。
よかった、よかった
捻挫はそろそろ治る時期ですものね。
2度とコケるでないよsmile


寒くなりました。お風邪を召さぬよう。。。

投稿: おキヨ | 2015年10月12日 (月) 22時52分

分かっているようなつもりでいても、その実全然分かっていないことってずいぶんありますね。
絵を全く学んだことのない私にとって「デッサン」はその一つです。
絵画の道を目指すには避けて通れない大事なことらしのですが、何がどのようにして大事なことなのか、サルにも分かるように教えていただければありがたいことです。

投稿: 風花爺さん | 2015年10月13日 (火) 16時36分

風花爺さん様

〔デッサン〕について最も簡単な答えは”絵を描くための基本勉強”で〔対象物の形を正確に捉える技術を身に着ける練習〕です。
デッサンはあくまで〔基本〕ですから、これが身についたからと云って良い絵が出来るかどうかは疑問です。理想は学生時代でデッサン〔基本〕を終わり、個個の芸術性を研くのが本当でしょう。
実はデッサンが病的?に下手な画家でも素晴らしい芸術家が結構多いのです。初歩的なものを大きく飛び越えた芸術性を生まれ持っているのでしょうね。ですからそういう人はデッサンの必要性を感じないどころか、デッサン不用説さえ唱えています。つまり、基本勉強によって芸術的要素の芽を摘むことになるのではないかという。いや、これも解りませんね。。。^^

私の場合ですがクロッキー〔形を手早く描く法〕が単純に好きで漫然と続けているにすぎません^^

投稿: おキヨ | 2015年10月13日 (火) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白樺湖のゴールデンアカシア | トップページ | 野反湖の秋 »