« 初期の絵の謎 | トップページ | 〔老人の極意〕を読む »

時代劇を楽しむ

年をとると時代劇が好きになるようですね。若い頃には男優が奇妙な目張りなどをして演じていたので時代劇というものを毛嫌いしたものですが、いつのまにやら、時代劇を抵抗なく観るようになりました。

今日はBSプレミアム夜8時からの〔はんなり菊太郎〕を観ました。 

配役がみな好ましい。私などはその昔、清純派スターだった香川京子がややお年を召したものの原型は変わらず、田中邦衛との味のある夫婦役を観ることが出来るのも楽しみです。

主役の内藤剛志のはんなりぶりもなかなかよろしい。この俳優何か好きですね。。。 

中でも見応えのあるのは、菊太郎が居候する公事宿を営む渡辺徹と美しい東ちづるのいきの合った夫婦ぶり。きりりとした二枚目の渡辺徹はとても男前ですlovelyこの人以前は大変な巨体でしたよね。変われば変わるもの。。。w(゚o゚)w

時代劇のストーリーというのは毎回単純明快でここに書くほどのものではないですね。そろそろ眠気が差してきたた頭でぼんやりと観ているのに適しています。

Photo

|

« 初期の絵の謎 | トップページ | 〔老人の極意〕を読む »

今日の出来事」カテゴリの記事

コメント

おキヨ様
原作の「公事宿事件書留帳」(澤田ふじ子)のシリーズが幻冬舎文庫で出ています。
大好きなシリーズで、お勧めです。
澤田ふじ子は京都が舞台の時代劇をたくさん書いています。
もちろんテレビドラマも全部見ています。

投稿: OKCHAN | 2015年10月31日 (土) 19時16分

時代劇に抵抗…どころか、私は最近になって戦後間もなくの時代劇をBSでよく観るようになりました。
リマスターていうんですか? 最新の画像処理で当時
の色彩や音声が見事に復元されて、かってテレビで
観たザラザラ画面や変な?鼻声の白黒時代劇が実は
とても美しかったのに驚きです。
「近松物語」の長谷川一夫が小舟でおさんと道行する
時の白黒画面の絵のような静謐な美しさは子供の頃
テレビの深夜放送で見た「パルムの僧院」に匹敵する
ものでした。
ただ、昔の映画の難点?は、若い役でも平気で40過ぎのおっちゃんが演じてた事(笑)。

投稿: バルおばさん | 2015年10月31日 (土) 19時42分

OKCHAN様
時代小説も、藤沢周平、池上正太郎などは多少読みましたが、時代物は総体に少ないですね。澤田ふじ子は未読です
今澤田ふじ子の作品一覧を見たところ題名がなかなか面白そうです。
読んでみたいですね♪

投稿: おキヨ | 2015年10月31日 (土) 23時08分

バルおばさん様
え、そんな旧い映画をBSでやっている?
気がつきませんでした。
近松ものなら観たかったですねぇ。
最近寄る年波で病気が立て込んできてるので、夜更かしをやめちゃたんですよ。

長谷川和夫は絶頂期、美しかったらしいですね。私が映画ファンになったことにはもう下り坂で中年の域に入っていまして、洋画ファンだった私は当時時代劇は全くと云って良いほど観ませんでした。

いまなら新鮮な発見があるかもしれませんね。
いやいや、夜更かしはよそう。
夜更かしを止めたせいか、目の病気の進行が止まっていますgood


投稿: おキヨ | 2015年10月31日 (土) 23時29分

そうなんです、私も洋画ファンだったので、(小さい頃親に連れていってもらった東映時代劇は別として)
時代劇というか日本映画はあまり観ませんでした。
それゆえおキヨさんの仰るように戦後間もなく丁寧に
作られた時代劇がとても新鮮なのでしょう。
きっかけは「山椒太夫」でしたかね。安寿の入水シーンの素晴らしかったこと(でも厨子王役はおっちゃんでした)
BSは昼間の1時もやっているので録画してます。
この間なんか市川雷蔵の大菩薩峠観ちゃいました。
洋画カブレの自分なのに、びっくりぽんだす

投稿: バルおばさん | 2015年11月 1日 (日) 00時55分

おキヨさん、おはようございます

私はここ二年ほど藤沢周平、池波正太郎の小説にどっぷり浸かっていますが、テレビでは山本周五郎、松本清張の時代劇も録画して見ています。池波正太郎の真田もの等は、実在した歴史と狂いが無い事に驚いています。

投稿: 岳 | 2015年11月 1日 (日) 08時30分

おキヨどの、おはようでござる。(* ̄ー ̄*)
拙者も毎週木曜、金曜は時代劇ドラマにはまっておるところであります。
菊太郎も好きでござるが、前の一路が大変おもしろうござった。毎回ビデオを撮り見ておりました。
最近の読書もほぼ時代劇が中心ですね。
最近は富樫倫太朗にはまってます。

投稿: mitakeya | 2015年11月 1日 (日) 09時58分

mitakeya様

これは熊本のお武家さま・・・としては中途半端な武家言葉happy01
今の時代劇は言葉がほとんど今風になっているのでわかりやすいですね。
そうそう、私も〔一路〕を面白く観ていました。一路の通った中山道は馴染がありますからなおの事興味深く観られました。

歴史に沿った時代劇ドラマもっと増えるといいですね。

投稿: おキヨ | 2015年11月 1日 (日) 12時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初期の絵の謎 | トップページ | 〔老人の極意〕を読む »