« 〔文士の好物〕を読む | トップページ | 大学ジャズフェスティバルへ »

南牧村 とらおのパン

今年6月頃群馬県南牧村まで〔とらおのパン〕を買いに出かけていながら、道の駅の定休日だったためにから戻りしたことがありました。

で、風は強かったものの、晴れ渡った昨日再度南牧村へ。。。〔とらおのパン〕は人気商品で朝のうちに売り切れてしまうこともあると聞いていたので  またもや買いはぐれてしまわないよう、道の駅が開店する10時までにはつくように家を出ました。こうなったら執念ですからね( ^ω^ )。 

紅葉シーズンも終り、買い物客もいない小さな道の駅はひっそり。我が家の一番乗り、と思ったら目的の〔とらおのパン〕の前に一人の男性が籠の中にパンを積み重ねています。

〔このパンを作られている方ですか〕と声をかけると〔そうです〕という返事。他にお客が居ないのを幸いに、夫が、遠路はるばる買いに来たこと、今回2度目で  1度目は買えなかったこと、以前この村出身の方からこのパンを頂き、どうしてもまた食べたくなったこと、などを話すと田舎の人らしい素朴なおじさんも顔をほころばせ、旧式の釜で100個のパンをたった一人で焼いているこ、パンは朝と午後の2回お店に入荷すること、以前は自家栽培の原料だったが、現在は北海道の麦を使用していること、などを話してくれました。

どうぞ、いつまでもお元気で美味しいパンを焼いてくれますように。。。

005_480x321

上信越道脇の木々はまだ秋の名残りを。。。。

032_480x321

収穫できない柿は鳥の餌になるのでしょう。柿のある風景山里らしくていいですね。

027_480x321

とらおさん

029_480x321

紅葉も終ったので今回は来た道を戻り、妙義山のいつもの日帰り温泉でゆっくりして帰りましたnote

001_480x321

とらおのパン。麦の香りと味が濃厚です。

10個買ってこういうものの味が解るご近所のお土産に。。。delicious

|

« 〔文士の好物〕を読む | トップページ | 大学ジャズフェスティバルへ »

できごと」カテゴリの記事

コメント

おキヨさん、おはようございます

「とらおのパン」しっかり記憶に残りました。こちらではパンより「おやき」なのですが、やはり麦の香りと味には惹かれます。今年夏にスーパーの中にある東京のパン屋さん、そこのパンの美味しさにひかれ常食。その結果胴回りが!!カロリーが凄かったんです。とらおのパンは素朴で良さそうですね。私も柿のある風景が好きです。

投稿: 岳 | 2015年12月 6日 (日) 07時59分

南牧村の道の駅には立ち寄ることがありますが、このパンについての知識は皆無でした。
これからは忘れないように心掛けましょう。
美味しいものへの執心・・・ありますね。
バブル景気華やかなりしころ、ある成金が銀座のバーで飲んでいるとき、不意に札幌ラーメンがたべたくなり、テープルに侍っていたホステス一同を引き連れて札幌に飛んだ、という話が実しやかに伝えられました。
その成金とは・・・もちろん私のことではありません。

投稿: 風花爺さん | 2015年12月 6日 (日) 10時39分

岳様 こんにちは。

そうそう、信濃のおやきの皮に味わいが似てなくもありません。素朴でいてまた食べたいと思うパンです。
このパン1つの重量がかなり重いんです。ということはうっかりすると食べ過ぎになる恐れが(≧∇≦)
バターやジャムなど無用で、原料の美味さ100%のパンですよ。

柿はこの季節自然を飾る花のようですねshine


投稿: おキヨ | 2015年12月 6日 (日) 11時47分

風花爺さん様

私もご近所に南牧村出身の方が居なければ知らない事でした。ネットで調べたら、遠方のファンもいるようです。
日本一の高齢率というこの村のささやかな売り物がいまのところとらおのパンのようですよ^^


風花さんにも血気盛んな時代がおありでしたでしょうから、その頃の勢いで、”札幌までラーメンを食べに…”という酔狂をなさった・・・かもしれない、という想像はこちらの勝手ですものね^^


投稿: おキヨ | 2015年12月 6日 (日) 12時04分

とらおのパン、検索したら有名なパンなんですね。
おじいさんが一人で炭焼き窯で焼いてるとか…、う~ん、食べてみたい。
しかし、ほんとご主人様、根っからのドライヴ好きですね。流石の私も南牧村は遠い…かな。

投稿: バルおばさん | 2015年12月 7日 (月) 20時55分

バルおばさん様

そ~なのよ。。。南牧村は日本一の過疎村の筈なのに
とらおのパンはよく売れるんですって。
私のように県外からのお客も多いようです。
私と同年のオバちゃんに差し上げたら、若い人が気に入って取られたと云っていたので、若い人でもOKのようですよ。

南牧村は新緑か、紅葉時でなければわざわざ行くところでもないからねぇ。我が家は行ったけど。。。coldsweats01

投稿: おキヨ | 2015年12月 7日 (月) 23時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 〔文士の好物〕を読む | トップページ | 大学ジャズフェスティバルへ »