« いけない私・・・m(__)m | トップページ | 〔職業としての小説家〕を読み終える »

鬼平犯科帳を観る

池上正太郎原作のこのドラマ、新聞のテレビ欄で長くやっているのは知っていたが観たのは今日が初めて。

中村吉右衛門のいぶし銀の魅力初めてお目にかかりました。若い頃より好いお顔になりましたね。近頃めっきり時代劇が好きになってしまい、老夫婦で2時間じっくり見てしまいました。

盗賊頭を演じた田村亮は矢張り父親である坂東妻三郎・・・〔といってももうご存知の方は少ないと思う^^ゞ〕の面影を宿しています。ウン彼もまた若い頃より今のほうがずっといい。

其の他の出演者も熟練者ばかり。人気者の若手出演者がいなくて落ち着いて観られました。 

しかしながら慣れとは怖ろしいもの、深夜族だった私、病気を期に、この1年10時には就寝することにしてから、面白と思うドラマなど見ていても10時になると眠気が差してきます。途中意識を失くし乍ら夫に付き合い頑張りましたsmile

Photo

|

« いけない私・・・m(__)m | トップページ | 〔職業としての小説家〕を読み終える »

映画」カテゴリの記事

コメント

あら、「鬼平」を観るの初めてでしたか…
私は大ファンで、ずっと以前から観ています。
鬼平は何人かの俳優が演じていますが、吉右衛門のが一番いいですよ。
エンディングの時代劇らしからぬ音楽も好きです。
池波正太郎の小説も読破。藤枝梅安シリーズや剣客商売シリーズなど、夫ともども楽しんでいます。
もしかしたらシリーズ全巻持っているかもしれません。
あまり趣味の合わない私共夫婦の数少ない共通の楽しみなのです。

投稿: silent-holly | 2015年12月19日 (土) 00時39分

おキヨさん、おはようございます

鬼平犯科帳スペシャルは昨日と後一回で終了。ネタ切れの様ですね。私は2時間は無理なので、録画して後日みます。池波正太郎も数十冊読みましたが、残す大作の犯科帳に入っています。松本清張の時代劇、これが凄く良いです! 次回22日の火曜スペシャルを楽しみにしています。

投稿: 岳 | 2015年12月19日 (土) 09時04分

私は先代の松本幸四郎が演じていた鬼平が一番好きです。サブキャラクターも時代により大きく変わりますが、それぞれに思い入れがあって、原作同様好きなドラマです。

投稿: OKCHAN | 2015年12月19日 (土) 09時33分

Silent-holly様
私が時代劇に興味を持ったのはここ2,3年前です。
もっと早くに時代劇の面白さに気付くべきでした。
原作の方は夫の書棚から何冊かを読んだことがあってこれはなかなか味わい深く面白かったのですが、テレビって原作を端折ってしまうでしょう。そういう事で敬遠していました。
池上正太郎は男性に人気の作家と思いましたが、これは凄い!女性の熱烈なファンもいらしたんですね^^

何であれ、夫婦は共通の楽しみを持つことが必要かも。。。good

投稿: おキヨ | 2015年12月19日 (土) 11時17分

岳様 こんにちは。

あら、残念!では私はあと1回しか鬼平犯科帳を楽しめないんですね。もう少し早く観ればよかった。

いまテレビドラマを観る機会をなかなか持てませんが、22日には松本清張の時代劇ドラマがあるんですね。これは他のしみです。見逃さずに観ましょう。
情報、ありがとうございますwink

投稿: おキヨ | 2015年12月19日 (土) 11時26分

OKCHAN様
そうですか。では親子で鬼平を演じたのですね。
なるほど、先代松本幸四郎はさぞ重厚な鬼平だったかもしれませんね。

歌舞伎役者の所作の美しさはテレビドラマでも感じられて見応えがあります。


投稿: おキヨ | 2015年12月19日 (土) 11時40分

鬼平犯科帳をご夫婦で仲良くご覧になるなんて(≧∇≦)ウヒャーなかんよかー!
(* ̄0 ̄)ノ実はmitakeyaも10時にお迎えが参ります。
\( ̄Q ̄)/ふぁ~~
見たいテレビはもっぱらビデオで録画して見ております。
時代劇はおもしろかですね。happy01

投稿: mitakeya | 2015年12月19日 (土) 20時36分

mitakeya様
我が家は二人家族なので嫌でも仲悪くても二人でテレビを観るしかないのですよdespair
10時にお迎えが・・・健全な証拠です。人間はそういうように出来ているのですもの。夜中の1時2時まで起きていた私が悪かった。改心しましたcoldsweats01

遅ればせながら時代劇に開眼しましたsmile

投稿: おキヨ | 2015年12月19日 (土) 21時10分

写真を見て・・・
あら~先代の松本幸四郎にそっくり!!!。
親子ですね~、年取るごとに男性は父親に、
女性は母親にそっくりになって行く。
先代の鬼平は見た事がありますが、吉衛門さんのは
見ていませんでした。

投稿: マーチャン | 2015年12月20日 (日) 08時36分

マーチャン様

言われてみれば、この写真似ていますよねぇ。似ていないと云われる親子でも、ふとした表情がそっくりになることもあります。

私は若い頃洋物ばかり観ていたので、時代劇の良さに気がつくのが遅れました。
近頃の時代物は味わいがありますね。

投稿: おキヨ | 2015年12月20日 (日) 12時15分

母が鬼平ファンで、いつも身辺に文庫本を何冊も置いていました。 テレビの方は観ていたのかどうか・・・・多分、愉しんでいたんじゃあないかと想います。(^ァ^)

私はと言えば、鬼平のことは専らテレビで見知っていましたけれど、確かあれは、萬屋錦之介版の再放送であったかと。(笑)
そういうわけで私、(評価の滅法高い)中村吉右衛門の鬼平を未だ知らずにいます。
いつか機会があれば、鑑賞してみたいです。(^ァ^)

投稿: もとよし | 2015年12月20日 (日) 21時35分

もとよし様
鬼平フアン、多いですねぇ。お母様はきっと8代目松本幸四郎が演じたころからの頃からご覧になっていることでしょう^^
私も本は1,2冊読みましたがテレビドラマは今回が初めて。

へぇ!萬屋金之助も鬼平を。。。
私は中村吉右衛門しか見ていませんが、渋くていいですね。
お暇がありましたならぜひどうぞ。。。(^^)

投稿: おキヨ | 2015年12月20日 (日) 23時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いけない私・・・m(__)m | トップページ | 〔職業としての小説家〕を読み終える »