« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

ハナのクチビル(^◇^)

昔は”風邪の花”または”熱の花と云いましたが今もそういうでしょうか?医学用語は口唇ヘルペスというらしいけど。。。

風邪をひいて終わりかけの頃、この”風邪の花、熱の花”が口唇に出る人と全くでない人がいるのは、このヘルペスのウィルスを持った人と持たない人がいるそうで、ウィルスを持たない人は当然”風邪の花、熱の花”は出ないわけです。それと体力の十分な若いうちはこのヘルペスは表れにくいでしょうね。

私の風邪とうとう病院に行かずじまいでしたが、体力はだいぶ消耗したらしい。  現在鼻づまり 咳 などの苦しい状態はすっかり抜けましたが、風邪の仕上げが口唇ヘルペスだとは。。。sad 

というわけで、目下私は 御年77才花のカンバセpig 花のクチビルbearing

Imagesyh0we43n

花のカンバセsmile

| | コメント (6)

酷い風邪をひきまして(+_+)

花粉症の上に風邪をひいてしまい、2日ばかり通常の事が出来ませんでした。

3日前、矢鱈に鼻水が垂れてまるできちんと閉め忘れた蛇口状態〔尾籠な話でゴメンナサイ<m(__)m>〕 

さすがにこれはいつもの花粉症と違うなと思い病院に行きたかったのですが、あいにく土曜日はお風呂場の暖房、乾燥の器具を取り付ける工事があり、家を空けられない。

咳も出てきたし喉も痛いし目が涙目でくしゃくしゃ。。。工事が済んだ後夫の食事の支度も早々に休みましたが、翌日も状態が変わらない。何が辛いって鼻づまりで夜中に何度も目が覚める事。  それと私の場合風邪をひくと、腰と云わず胸と云わず身体の節々が痛みます。 

月曜日の今日病院に行こうと思っていたら、今朝、あれ!体がだいぶ楽。。。鼻水も昨日ほどじゃないし。。。note

元々病院嫌いの私、今日静かにしていれば明日よくなる風邪らしい・・・デス。

002_480x321


F6号 白馬岳

| | コメント (16)

映画〔家族はつらいよ〕を観る

山田洋次監督久々の映画ということで〔家族はつらいよ〕を観てきました。

ストーリーは、きわめて庶民的な2世帯家族が巻き起こすコメディー。

頑固で我儘な隠居夫の言動を疎ましく思う小説家志望の妻とその息子一家。一家とは別所帯の娘夫婦、唯一爽やかな、結婚を控えた末息子カップルが織りなす、はっきり言ってドタバタ喜劇ですね。

 

出演者は橋爪功、吉行和子 西川雅彦 夏川結衣 中島朋子 林家正蔵 妻夫木聰 蒼井優 その他に、小林稔侍 鶴瓶などがゲスト出演をしています。

熟年夫婦の、何もかもが”今更”という夫、日常の夫の言動が嫌でたまらず離婚まで考える妻。。。これ、主人公たちと同年代なら痛いほどよく解ることで つい頷いてしまいます〔私などは妻の離婚原因に強く共感think〕。

現実はここまで騒動にならずに済んでいる人達ほどこの映画を観て互いを理解することにしたらいいかもしれません。最後はやや甘かった感がぬぐえませんね。

Photo

| | コメント (10)

反応が鈍い。。。(-_-)

春めいてきたというのに夫の反応が今いち。。。

去年あたりまでは今時分になるとソワソワしだしたのですが、今年は、昨日のような上天気にも反応せずに畑に出かけました。  今まではドライブと畑ではドライブが優先でしたが、今年はなにか違う。。。eye 

老いのなせる業?夫ももう84才。去年までは、この分では免許返納の時には相当モメるなとおもったのですが、今年は様子が違う。案外素直に返納するかも。。。それはそれでやっぱりさびしいな。 

畑仕事やプール仲間とだけ遊ぶようになったら私は遠方に出かけられなくなってしまいます。夫は他の交通機関を使ってまで出かけるとは思えないし。

それでも近場のドライブや買い物などまでやめてしまうまではまだ間がありそう。

というわけで午後から往復2時間の隣県まで絵具を買いに出かけ、遠回りして大型銭湯へ行ってきました。

免許がある限り車はまい日少しでも動かしたほうがいいですからね。

011_480x321


利根川の土手は延々と菜の花ざかりnote 

012_480x321

026_480x321

いま利根川に新しい橋を建設中。 

033_480x321

筆を少々買い込んできました。絵具は補充程度。

| | コメント (6)

引きこんぶ

私の郷では一般家庭の常食ともいうべき〔ひきこんぶ〕というご飯の友みたいな食べ物があります。

ひきこんぶ、または切り昆布は有難いことに今ではスーパーに売っているのでいつでも手に入ります。作り方は簡単で、ひじきの煮方とほぼ同じ。ポピュラーなのはあぶらげ、ニンジン 椎茸高野豆腐などと一緒に、昆布が好みの柔らかさになるまで煮込みます。今では健康や美容にも良いということでひきこんぶを利用する若い方も増えているようです。 

〔食いしん坊万歳〕の初代リポーターを務めた渡辺文雄さんが、昔、徹子の部屋に出演した際に、黒柳徹子さんの〔各地の食べ物でみな美味しいというわけではないでしょうね。中には美味しくないもののあるでしょう?〕という質問に対し渡辺文雄さんは〔ありますね。今まで一番美味しくなかったのは○○市〔私の郷〕のひきこんぶという食べ物です〕と即答。。。

これはちょっとショックでしたね。私の郷では市民食と云って良いひきこんぶが、長年全国を食べ歩いてきた食通の渡辺さんが言下に最も不味かったとこきおろした!wobbly

これはおそらく煮方が悪かったに違いない。味が染み込まないと確かに美味しくはならないもの。

テレビの紹介ということで、この日担当に当たったおばちゃんが舞い上がっていつもの力を発揮できなかった?あるいは渡辺文雄さんが昆布という淡白な食べ物がお好きではなかった、のどちらかでしょう。

004_480x321

確かにおしゃれな食べ物ではない(^-^;
でも高齢の我が家では健康のためにもよく食卓に上がります。

| | コメント (14)

意見の食い違い?

今日眼科の診察日でした。

ひと月前、院長の診察で〔手術をした方がいい〕という診断を受けたままひと月経ち、そのつもりで主治医の若先生に話をしたところ、いつものように診察をした後〔最初に診察したときと大して変わっていません。手術はもう少し様子をみてからにしましょう〕  ときっぱり。。。私〔でも院長先生が手術を勧められました。。。〕〔う~ん。。。どうでしょう、あれから何か異常がありますか?〕〔いいえ。左目の翳みはありますが、特に進んだという感じはありません〕

〔いま手術したからと云って、これ以上よく見えるようになるということにはなりません。それに手術しても再発は0ではないんです。現在落ち着いているのですから、いま手術を考えなくてもいいじゃないですか?〕  という話です。 

どうやら老医師と若い医師の見解の相違らしい。確かに最初から院長は手術を勧め、若い医師は薬で治療ということで1年経ちました。

主治医は若い医師。院長の診察は3度目。ここは矢張り主治医の診断に従う方が筋ですね。私だって手術は出来ればしたくない。 

なお不安であればセカンドオピニオンを考えればよい。

P1030590

| | コメント (6)

読んでいない本

もう2か月ぐらい書店に行っていない気がする。。。いよいよ読む本が無くなってきたので文庫本の置き場所を丹念に探したら読んでいない本が結構ありました。おや、ミステリー小説が意外に多い。今読んでいる澤田ふじ子の時代小説の前は  フランス作家のミステリーを2冊面白く読んだので私は結構ミステリーが好きなのでしょう。

こうして読んだ覚えがない本を途中まで読んで、あれ!?なんだか読んだ気がする。。。そしてそのあと3ページほど読んでからやっと〔なんだ、やっぱり読んだ本。。。〕  ということがありますね。本の内容をすっかり忘れ、それに気がつくのがまたやたらに遅い。いっそ最後のページまで読んだことに気がつかなければそれはそれで本を買わずに済むから経済的な話ですsmile 

好きな作家の本は買って来て即読むのでそんなことはないのですが、気紛れに買った本はこうしていよいよ読むものが無くなってしまった時に便利です。

002_480x321

今はわずか数ページしか読めないので当分これで間に合います。

| | コメント (8)

ちょっと感動。。。

2年前、我が家の外装を請け負った会社の営業マン氏が玄関ポーチの件で再びやってきました。

小一時間ほどして彼が帰った後、夫が〔いまどきあんな素直な子もいるんだねぇ〕とえらく感心しているので  訊いてみると〔いやね、前に家へ来た時、彼が書類に書いた字をみて、あまりに見づらんで”アンタねぇ、  営業マンなんだから他所で字を書く機会が多いだろう。アタシ〔夫は自分の事をこう云います〕のような年よりも相手にしなきゃならんのだから、もう少し見やすい字を書くようにした方がいいんじゃないの”〕とちょっと注意したんだ。 

夫は思ったことを誰彼お構いなしにずけりというタチ。私が傍に居たら気の毒な営業マン氏の肩を持ったでしょう。

今回の書類に目を通していた夫に彼はおずおずと〔字がいくらか見やすくなっているでしょうか?〕と聞いたそうです。以前のことなどすっかり忘れていた夫、  見やすくきれいな字になっているのにはじめて気が付いたそうです。 

彼は夫に云われたことを尤もだと思い暇を見ては見やすい字を書く練習をしたというのです。

へぇ~・・・いまどきの若者が80過ぎの老人の云うことをまともに受けること自体信じられない。けど、居るんですね、素直で誠実ないまどきの人。。。

Sketchi53big

| | コメント (8)

どっちもどっち(ー_ー)!!

夫の部屋の窓から見える玄関のポーチのペンキが剥がれ始めたというので見に行ったらなるほど変な具合。。。

〔だってまだ外壁の工事をしてから3、4年しか経ってないでしょう〕と私。夫〔なに言ってんだ!外壁を塗り直したのは去年だよ〕〔❓・・・違うでしょう。3年は経ってるよ〕 

〔そんなに経つわけがないじゃないか。去年やったんだよ。アンタもボケたねぇ。。。〕

私、どうも腑に落ちない。確かにブログにその時の足場を組んだ写真と文章があったはずなので調べたところありました!2014年10月10日。 

夫にみせたところ〔あれ!そうかい。。。去年だとばかり思っていた。一昨年かぁ~。。。〕

いいんです。間違いカン違いは誰にでもある。でもね、  こういう言い合いで夫の最も悪い癖は常に自分の方がたしか、この俺が間違うはずがない、という前提で相手をやり込め押さえつける云い方!(-_-X)

何その〔アンタもボケたねぇ〕とは。。。お互い様じゃないのangry 

業者に来て見て貰ったところ、素人が塗った上をきちんと処理したうえで塗り直さないとこういう現象が起るのだそう。。。

素人とは夫の事。何でもやりたがりの夫が確かに〔これぐらいは俺だってできるさ〕と塗っていましたから。 

近いうちに塗り直してくれるようです。

Imagesnvs0jag5

そうか、一昨日だったかぁ~。。。

| | コメント (14)

我が家はコメディタッチ?

映画の部門でシリアス,コメディー、ラブロマンス、 サスペンス また 怪奇、恐怖映画などいろいろあるけど、これを各家庭に当てはめたらどうだろう。。。 

お子さんの多いお向かいのIさん宅やお隣さんはさしずめあたたかいホームドラマ・・・に比べ、我が家はどう見てもコメディータッチだな。。。bearing

私自身は若い頃ロマンチック路線が理想でしたが、どぶ板長屋で育ったガラの悪い男と結婚してしまったため、ロマンチック路線には見放されました。  まぁサスペンスや恐怖映画のような家庭よりはマシかもしれないけど。。。 

でもね、どこか寅サンっぽい性格の亭主と終始顔を突き合わせていると、たまには平岳大の様な男性とワイングラスをかたむけてみたいもの・・・wine

ハッ!明日死んでもおかしくない年になりぁがって私はなに言ってんだろう。気でも狂ったか。 

いえね、ついさっき、テレビで素敵な平岳大さんを観たばかりですから。

私、昔は岳大さんのお父様、平幹次郎のファン。ですから親子2代にわたりファンということです。

前回、女の話は脱線、迷走するなどと批判がましいことを書いておきながら、このお粗末な文章。happy02 

この後、BSプレミアムでアカデミー賞授賞式を観るので急ぎました。dash

Images7mp0772d

平幹二郎 岳大親子

| | コメント (4)

脱線する女の話

股関節症という私と同じ病気を持った同年代のMさんが、股関節の手術をして先月からデッサン会にみえました。

私を見るなり〔貴女もそろそろ決心する時期じゃないの?〕というので 〔そうなのよ。先生には80前に手術に踏み切ったほうがいいですよ〕と云われているの。。。

ということで、手術の先輩であるMさんから手術に際しての話をいろいろ聞こうと思ったのが先月です。  それが今月6日になっても、まだ手術に関して訊きたいことを事を聞き出せないでいる。  どういうことかというと・・・・・ 

私〔病院には何日入院したの?〕〔ひと月〕・・・傍で聞いていた女性〔あら、その間ご主人は?〕〔そこなのよ~私が手術に踏み切れなかったのは~。案の定よあなた、家に帰るともう散らかり放題!家に帰ったからと云ってすぐには動けないし○▽◆#$%☆#$&*‘+○▽◆〕  〔やっぱり・・・どちらも亭主族は似たようなものね○▽◆#$%&*‘〕

私の訊きたいのはそこではない!  punch

今月になってお昼休みにMさんからまた続きを訊こうと思い〔きちんと歩けるまでにはどの位かかったの?〕〔リハビリに3か月通ってなんとか。。。〕

傍らの女性〔ご主人の付き添いでしょ〕〔それがね、はじめのうちだけ。今日は用事があるとか、風邪ひいたとか言って、娘に頼んだり。。。娘だって毎回良い顔しないわよ貴女。。。○▽◆#$%&@*?&〕 

私の訊きたいのはそこではない!punch

訊きたいのは〔その間最も苦痛だったことは?〕と〔現在何の違和感もないか?〕ということ。これは実際の経験者からでないと聞けませんからね。

003_480x321

F6野反湖 秋

| | コメント (12)

月例デッサン会

いつもは第2日曜ですが今月は第1日曜がデッサン会になりました。

久々のヌードデッサンということで来客も断って出かける自分本位のお婆dash 

早めに出かけいい場所を確保・・・と思ったのですが他県から行く私、やはり地元の連中には後れをとります。

公民館についたらすでに外で煙草を悠々と煙草をふかしている男性が二人。。。貴方たち!会場作りはしてあるんでしょうね?eye

でもね、私の定位置、空いてありました。note

001_480x321

15分

002_480x321

15分

004_480x321


15分 のっけから艶めかしい寝ポーズでスミマセンcoldsweats01

彩色はいつもより淡いクレパスを使用。

006_480x321

10分

009_480x321

10分

013_480x321
10分

008_480x321

5分

015_480x321

ムーヴィング

016_480x321

ムーヴィング

017_480x321

ムーヴィング

| | コメント (6)

〔眺めのいい部屋売ります〕を観る

以前から観たいと思っていたモーガンフリーマン、ダイアン・キートン共演のアメリカ映画〔眺めのいい部屋売ります〕を観てきました。

この映画は中高年向きかもしれません。 

ストーリーは、ニューヨークの高層アパートで暮らす老年夫婦が、寄る年波に勝てず、最上階で眺めはいいが、エレベーターのないアパートの部屋を売って、住みやすい場所に移り住もうと計画を立てるのだが、内心は住み慣れた部屋を売りたくない老画家の夫。 

ほとんどこの名優二人の意気の合った演技を楽しむ映画と云って過言ではありません。

しばらくぶりで観るモーガン・フリーマン、すっかり老優の風情を醸し、ますますいぶし銀の魅力です。  ダイアン・キートンもまた自然体で、老妻を楽しんで演じている風情が感じられます。彼女の年相応の美しさ好感がもてますね。 

周囲がやたら賑やかでちょっとドタバタ感があるのに、体が大きく、悠然とした雰囲気のモーガンがいい味わいを見せてくれます。

年で腰を痛めてしまった老犬が可愛く、立派に一役買っていますね。 

ちょっと気になったのは若いときの主人公を演じる俳優をもう少し似た俳優を選べなかったのかしら。。。背丈、体型 顔つきがまるで違う〔そんな末端の話どうでもいい?smile〕 

Photo

| | コメント (8)

春を頂く♪

先日妙義山麓に行ったとき知人から頂いてきた桜が我が家で咲き始めました。

妙義の知人とは農業のかたわら無人販売を営んでいるご夫妻。いつ頃からだったか忘れてしまいましたが、  妙義山麓で新鮮な野菜の販売店を見つけ、行くたびに野菜を買っていたのですが、ある日夫の思い付きで〔いつも新鮮な野菜をありがとう〕  というメモを料金箱に入れました。それからたびたびメモを入れることになり、ある日偶然ご主人と遭遇。〔メモの方といつかお会いしたいと思っていました。〕〔こういう事って嬉しいもんだよねぇ。。。〕 

そういう事でもう5、6年経ったのです。不思議なことに、お互い顔を知ってからは年に数回は偶然にご夫妻と逢うのです。今時分は農作業で畑に出ていることが多いためでしょう。

私どもを見つけると買った品物の他に〔いいから、いいから〕と気前のいいのサービスと季節には梅や桜を手折ってくれます。

考えるとお会いしていいものかどうか。。。coldsweats01

001_480x321

梅と河津桜。頂いてきた日はまだ蕾だけでしたが。。。

002_480x321

桜が咲き始めましたnote

007_480x321

こちらは梅 家じゅういい香りがしています。

その他椎茸を5袋頂きました。今乾燥中なので画像なしですが、

干しシイタケにしておくと我が家では1年持ちます。

| | コメント (8)

映画〔アーチスト〕を観る

2年前、劇場で観そこなった〔アーチスト〕をBSプレミアムで観ることが出来ました。

前評判の良い映画で楽しみにしていた映画だったのですが、観終わった後私個人としては評判ほどの面白さは感じませんでしたね。 

ストーリーも目新しいものではなく、サイレント時代の大スターが時代の変わり目で人気失墜。代わりにエキストラから人気女優にのし上がっていく新進女優、そして最初の出会いから魅かれあっていた二人の恋の行方。。。まぁ大雑把にいってこんな感じ。 

ただ映画がサイレント時代そのままの白黒画面で言葉も後から字幕で出るというもの。。。逆に新鮮という人もいるでしょうが、私はカラーだったらどんなに見やすかっただろうとは思ったのですが、そうなるとこの映画の価値がなくなるというわけです。

ただ、この映画はフランス映画で、ハリウッド映画サイレント時代のストーリーというのが面白いと言えば面白かった。

そうそう、犬の名演技が可愛らしかった。結局個人的採点は70点というところかな。

Photo

| | コメント (2)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »