« 春を頂く♪ | トップページ | 月例デッサン会 »

〔眺めのいい部屋売ります〕を観る

以前から観たいと思っていたモーガンフリーマン、ダイアン・キートン共演のアメリカ映画〔眺めのいい部屋売ります〕を観てきました。

この映画は中高年向きかもしれません。 

ストーリーは、ニューヨークの高層アパートで暮らす老年夫婦が、寄る年波に勝てず、最上階で眺めはいいが、エレベーターのないアパートの部屋を売って、住みやすい場所に移り住もうと計画を立てるのだが、内心は住み慣れた部屋を売りたくない老画家の夫。 

ほとんどこの名優二人の意気の合った演技を楽しむ映画と云って過言ではありません。

しばらくぶりで観るモーガン・フリーマン、すっかり老優の風情を醸し、ますますいぶし銀の魅力です。  ダイアン・キートンもまた自然体で、老妻を楽しんで演じている風情が感じられます。彼女の年相応の美しさ好感がもてますね。 

周囲がやたら賑やかでちょっとドタバタ感があるのに、体が大きく、悠然とした雰囲気のモーガンがいい味わいを見せてくれます。

年で腰を痛めてしまった老犬が可愛く、立派に一役買っていますね。 

ちょっと気になったのは若いときの主人公を演じる俳優をもう少し似た俳優を選べなかったのかしら。。。背丈、体型 顔つきがまるで違う〔そんな末端の話どうでもいい?smile〕 

Photo

|

« 春を頂く♪ | トップページ | 月例デッサン会 »

映画」カテゴリの記事

コメント

モーガン・フリーマンは本当にいい役者ですね。
なんだか面白そうな映画、見てみたくなります。
腰を痛めてしまった可愛い老犬にも興味が・・heart04
先日の記事のお話、心が温まりました。
一足早い桜の花に春を感じますね。

投稿: hanano | 2016年3月 6日 (日) 16時07分

おキヨさん、こんにちは

映画のレパートリーも広範囲ですね! 私はカタカナの名前を憶えるのが苦手、名前が出て来るのは西部劇やアクションスター位です。オードリーやディカプリオの名前くらいは知っています。coldsweats01

投稿: 岳 | 2016年3月 6日 (日) 16時50分

Hanano様
いい役者ですねぇ。良い作品がとても多いのですが私が彼の作品で最も好きなのは〔ドライビングMissデイジー〕です。
今回の映画はHananoさんには年齢的に合わない気もしますが、楽しめると思います。

そうなんです。畑の周囲に咲いている桜や梅をおじさんが私どものためにバシバシと切ってくれるのでありがたく頂戴してきましたcoldsweats01

投稿: おキヨ | 2016年3月 6日 (日) 23時41分

岳様 こんばんは。
昔はほとんど洋画でしたけど、今は日本映画も好きになりましたね。
映画も本も絵も現実を忘れてのめりこめるので好きですね。

デカプリオといえばアカデミー賞をやっと手にしました。童顔から脱皮していい顔になってきましたね。

投稿: おキヨ | 2016年3月 6日 (日) 23時48分

この映画は観ていないので、タイトルが似ているというでけで、全然無関係のことを書きます。
30年ほど前に公開された映画で「眺めのいい部屋」というヒット作があります。
フィレンツェとイングランドの田園風景が美しく描かれていました。
オペラファンにはよく知られているプッチーニのオペラ「ジャンニ・スキッキ」の中の名アリア「私のお父さん」が効果的に使われていたのも印象的でした。
その部屋が、今度は「売りにだされた」のですか。
もう売れてしまったのでしょうね。
残念!知るのが遅かった!

投稿: 風花爺さん | 2016年3月 7日 (月) 10時06分

風花爺さん様
そういえば、同名の映画を観たような気がして改めて調べたところ〔眺めのいい部屋〕観ています。

こちらは時代も場所も全く違うアメリカ映画で、〔眺めがいい〕といってもアメリカ人の感覚での眺めのことでイギリス的な美しい風景とはまるで違いますね^^
要するに〔アメリカ映画〕以外の何物でもないといった映画です。
窓から見えるニューヨークの眺めは確かに〔眺めがいい〕のでしょうが、格調高い音楽は似合いそうもない作品です。だからと言ってつまらないという映画ではなく、そこは名優二人の演技力が飽きずに魅せてくれました。
この映画の〔眺めのいい部屋〕は結局売れませんでした。いや、売りませんでした。
すったもんだで結局元に収まる、はいかにもアメリカ映画的ですよね^^

投稿: おキヨ | 2016年3月 7日 (月) 13時19分

あ、私も眺めのいい部屋、観ました♪
それに引っ掛けたタイトルなんでしょうかね、邦題は。
ダイアン・キートン…、女性は年を重ねても中身(とお金)があれば、こんなにステキよ♪の代表格(笑)。
モーガン・フリーマンも控えめな風格がありますね。

投稿: バルおばさん | 2016年3月 7日 (月) 16時43分

バルおばさん様

この映画、BS深夜劇場でやりましたよね。
〔眺めのいい部屋〕いい映画でした。イギリス映画って格調高い作品が多いですよね。

女性の美しさも金次第かぁ?smile浮かばれない・ワタ・シcrying

そう、モーガン・フリーマンはどんな映画に出演しても淡々と深みのある人間性を醸しますね。

投稿: おキヨ | 2016年3月 8日 (火) 00時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春を頂く♪ | トップページ | 月例デッサン会 »