« 海街diaryを観る | トップページ | 文豪の妻ははたして悪女か? »

最後に残る怖い感情

先日郷の妹から珍しく電話がありました。

実はこの妹から電話があると”いよいよかな”と思ってしまうことがあるのです。 

5人姉妹のうち郷にただ一人残っているのは19歳で結婚したこの4女だけ。。。現在69才になるのですが、子供たちが巣立った後の大きな家に96才になる姑と二人暮らし。いわゆる老老介護ですね。 

姑は1年ほど前から認知症がではじめたというのですが、まぁ、この年になれば認知症はしかたないでしょうね。彼女は介護にあたっている嫁〔妹〕の名前は忘れても彼女の実家の名字〔私の実家でもある〕は相当脳内に深く刻み込まれているらしく〔〇〇〕と実家の苗字で嫁をののしるというのです。 

姑は昔嫁姑の仲〔嫁いびり〕を息子に強く諌められたことがありその後は、あまり嫁に強く当たることがなくなったといいますが、しかし、ここにきて堰切ったように〔○○、お前が息子を殺した!K〔妹の夫〕を返せ!〕と夜昼かまわずわめくとか。。。 

嫁姑の確執は世に珍しいものではありませんが、これを聞いて人間の持つ底知れない憎悪の感情に空恐ろしさをおぼえました。と同時に、一人息子の気持ちが離れてゆく、心細い母親の心情もまた複雑なものと知りました。 

現在は周に2度施設に預かって貰うわずかの時間だけが妹の息がつける時間のようです。 

初めての恋愛で家族の反対を押して嫁いだ手前、愚痴を云ったことのなかった妹がさすがにこの状態ではお手上げのようで、遠方の私に日頃の重荷を吐きたくなったと思うのです。可哀そうに。。。〔涙〕

私がひそかに”いよいよかな”と思うのはつまり、高齢の姑が老衰で亡くなったという知らせをどこかで待ち受けている気持ちのことです。妹を早く楽にしてあげたい。

人の感情とことの善し悪しは別ですね。

B933f91b1660x310

|

« 海街diaryを観る | トップページ | 文豪の妻ははたして悪女か? »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

おキヨさん、おはようございます

身近でもそんなケースが散見されます。介護する側の方がお手上げ状態で参ってしまいますので、介護度によってですが、老健などにお世話になる事も考えた方が良いのかも知れません。私には看取る叔母がいますので、色々と悩みがあります。

投稿: 岳 | 2016年5月24日 (火) 07時35分

認知症になっても心の闇は忘れないのですね。
ぶつけられる嫁は、夫がいない分大変ですね~。
岳さんの言うように特養に入れると良いですね。
お互いのためです。
これからの日本はこの問題がどこでも起こりそうです。

投稿: マーチャン | 2016年5月24日 (火) 09時42分

おはようございます。
大変ですね…介護するだけでも大変なのに、これでは妹さんも精神的に参ってしまいそうな気がします。
認知症にもいろいろなパターンがあるようで、友達のところでは寝たきりになったお母さんがオムツ替えを息子にしかさせないみたいです。
これも何か潜在意識があるのかなと思っているのですが…

妹さんの負担が少しでも軽くなるような方向へ行くといいですね。

投稿: 和乃香 | 2016年5月24日 (火) 10時36分

岳様 こんにちは。

今老老介護は大きな社会問題になっています。
我が家は幸か不幸か、子孫がないため老老介護にはなるはずはなく、せいぜい最後に残ったほうが野垂れ死に?(+o+)の覚悟だけで、うまく行けば施設の世話に。それ以上を考えてもどうにもならぬこと。。。

妹の場合、特養は空のない状態で入れないとのことです。

岳さんも先々にこの悩みを抱えているのですね。。。

投稿: おキヨ | 2016年5月24日 (火) 11時01分

マーちゃん様
認知症になると昔に戻ると言われる通り、妹の姑は
我が息子が若い嫁を連れてきた当時の感情に戻ったものと考えられます。抑圧された感情が理性を失って爆発した状態になってしまったかもしれませんね。

この地方の特養は空が無い状態だそうです。
田舎ですからね。。。

投稿: おキヨ | 2016年5月24日 (火) 11時08分

和乃香様
貴女もお義母様の看病をされましたよね。
周囲の状況次第で、高齢者の看護もそれぞれだと思うのですが、二人だけというのは狭い穴倉に入れられた状態に似ているのかもしれません。

そうです。
認知症になった高齢者の言動には個人の潜在理由があるそうですね。
今は姑の週2回の留守が心身の癒しになっているようです。

投稿: おキヨ | 2016年5月24日 (火) 11時18分

おキヨさんこんばんは。
お身内のご苦労、大変ですね。
自分の両親は早くに逝ってしまって、また3男坊で介護の
苦労は全然わかりませんが、友達には深刻な問題として苦労してる人もいます。
この問題は今日本が抱える大きな課題としてこれからも続くのでしょうね。
自分たちが団塊の世代の最後の生き残りとして終わるまでは・・・でも解決できないデリケートな問題ですね。
自分でも最後の終活が選択できるような法律があればいろいろ考える人が出てくるかもしれませんね。
妹様大変でしょうが、何かと支えてあげてください。
何もできないmitakeyaの勝手な言い分でした。

投稿: mitakeya | 2016年5月24日 (火) 20時28分

mitakeya様

今日は柄にもなく深刻な記事になってしまい、貴方も私も得意なおちゃらけが出ませんでしたね(-.-)
日本人は世界一の長寿国で、これはこれで素晴らしいことなのですが、長寿国の問題としてクローズアップされるのは認知症と寝たきりになった高齢者の問題です。
国がこの問題に取り組む姿勢が後手になっていますね。これでは長寿国を世界に誇ることができないと思うのです。
介護で悩んでいる人が私の周囲にも大勢います。
私自身これ以上長生きになれば当然人様のお世話になることが明白です。
そうならないようパッと散りたいものですcherryblossom

投稿: おキヨ | 2016年5月24日 (火) 22時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海街diaryを観る | トップページ | 文豪の妻ははたして悪女か? »