« 最後に残る怖い感情 | トップページ | 危機一髪!(-_-;) »

文豪の妻ははたして悪女か?

世界三大悪妻と云えば、ソクラテスの妻 クサンティッペ、モーツアルトの妻 コンスタンツエ、トルストイの妻ソフィアといわれています。 

ただいま〔紅葉する老年―武藤洋二著〕の”トルストイ八二歳”を読んでいますが、これを読んで思ったのはソフィアははたして悪妻だったのかということです。

だってそうでしょう、大勢の家族を持ちながら、この文豪は、著作費は受け取らないし、小作人から農地代も受け取らない。財産放棄して妻に養われている状態にかかわらず貧しい人をみれば施しをするという習慣があって、これでは妻ソフィアならずとも怒りたくなるのは当たり前でしょう。現実に生きているソフィアと思想家であり非暴力主義者のトルストイの生き方が到底嚙み合うはずはありませんね。 

育ちがよく上等な服装のソフィアと、小作人の様な身なりのトルストイ〔自分の意志で〕を見て、世間の人はソフィアを悪妻と仕立ててしまった?

後世に三大悪妻として名を残してしまったソフィアが気の毒ではありませんか。 

しかし、有り余る財産を放棄し、わずかな持ち金さえも貧しいものに施しをするトルストイ。どこぞの都知事に爪の垢があれば煎じて飲ませたいものです。think

Photo

トルストイの妻ソフィア

|

« 最後に残る怖い感情 | トップページ | 危機一髪!(-_-;) »

コメント

おキヨさん、こんばんは

悪妻、愚妻、良く言われますが間違いなくいます。
その昔、給料日には会社まで迎えに来た課長夫人!
これは悪い夫がみんな呑んでしまうからでしたが、
給与が振込になってからは、やりたい放題の悪妻が増えました。


投稿: 岳 | 2016年5月26日 (木) 19時52分

こんばんはおキヨさん。(*^m^)
お写真、おキヨさんに瓜二つ!(*^-^)
見たことないけど(u_u。)
しかし三大悪妻なんて、男の身勝手な評価から来てますよね。
しっかり自分を見据えた生き方は評価される時代じゃありませんからね。三大悪奥様達、ご苦労されたんでしょうね。(゚ー゚;
mitakeya最近(;;;´Д`)読書しとらんなーーー
まっ!体動かしとるけんいいか。happy01


投稿: mitakeya | 2016年5月26日 (木) 20時38分

岳様 こんばんは。

悪妻は間違いなくいます!・・・とこの私が自信をもって断言。妙な自信ですねsmile
ホラホラ、やっぱり悪妻を作るのは男ということになりますね。

世に悪妻と言われる妻は大概良妻ではないかと。何かで読んだことがありますよ。

投稿: おキヨ | 2016年5月26日 (木) 21時10分

mitakeya様 こんばんは。

ソフィアは若い頃には花も恥じらう美しい女性でした〔アタシと同じだ(o^-^o)〕が中年になり、ふくよかに。私もこのくらいふくよかであればよかった。。。

女も男次第で良妻にも悪妻にもなりますぜ、ダンナ( ^ω^)
して、お宅の女房殿はどちらで?smile

なに、本を読んでも身につかないタイプ。。。(^-^;

投稿: おキヨ | 2016年5月26日 (木) 21時23分

悪妻・・・ちょっと想像するのに苦労します。
夫が妻を悪妻と思うのか?、世間様が夫婦をみて、
妻を悪妻と思うのか?。
最近の若夫婦には理解しがたいカップルがいますが、
ご当人たちは至極普通に幸せそうに見えます。
夫婦の形も・・・時代を反映して変化していますね~。
「女が強くなった。」と言われた昭和の時代。
女の身としては、良い時代になりました。
が、
やっぱりまだ男性社会。
悪妻もいていいのかも?。think

投稿: マーチャン | 2016年5月27日 (金) 09時29分

マーちゃん様
トルストイ夫妻の場合、世間がソフィアを悪妻と判断し後世に伝わったのです。
しかし、ものの本では、トルストイが社会や、宗教などに目を向け、家庭を顧みなかったというのですから、夫の思想や行動にも問題があったと思いませんか?日本人ならあれだけ偉人になってしまった夫の行動は、どうあろうが妻がひたすら支えるのが賢夫人と言われ、それが当たり前であるかのように言われがちですが、どういうものですかね。。。think
この夫婦、最初からウマが合わなかった。とかく芸術家というものは難しく家人といえども付き合いにくいものらしいです。

早い話が夫婦はそれでよければ悪妻も悪夫もありませんgood

投稿: おキヨ | 2016年5月27日 (金) 11時00分

確かにこれは男目線からの評価ですもんね。
同じ女性としたら、やってられないわっpout
ですよね~。
うちも、家族よりも他人にプレゼントが好きな夫だか
ら、よそからみれば、いい旦那さんなんでしょうね。
…ちっ

投稿: バルおばさん | 2016年5月27日 (金) 18時26分

バルおばさん様
うちも外面大将よ、あなた。(-_-X)
トルストイだろうが誰だろうが、家庭を顧みない夫はいけません!
あげく、世紀の悪妻と後世に残されたまったもんじゃないよねー。。。pout

バルちゃん良妻同盟組もうか。。。impact

投稿: おキヨ | 2016年5月27日 (金) 20時58分

・夏目漱石の奥さんも悪妻と言われたそうです。
漱石には居候家族が沢山居て、奥さんはやりくりが大変だったといいます。大学の教師では家族を養いきれないので、それで、朝日新聞の専属になって小説を書いたそうです。その揚げ句胃を病んで五十歳そこそこで早死にしてしまった漱石でした。、

投稿: 根保孝栄・石塚邦男 | 2016年5月28日 (土) 06時03分

根保孝栄・石塚邦男様
あの時代にはさほど大金持ちではなくとも、書生と言われる居候?を抱える家がありましたね。
財閥は義務感で、文士や大学教授は師事することで。
当然 奥さんは大変な負担になったでしょう。文句の一つも言いたくなるでしょう。

夏目漱石の胃病はストレスも要因の一つだったかもしれません。
当時の女性たちは大概”ただの家庭人”で、文学者や芸術家の男性を理解するのは大変だったかもしれません。

投稿: おキヨ | 2016年5月28日 (土) 11時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最後に残る怖い感情 | トップページ | 危機一髪!(-_-;) »