« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

愚作地獄・・・・|д゚)

昨年暮れに掃除したきりアトリエの掃除をしていなかったので、いよいよゴミが大きなポリ袋いっぱいになってしまいました。

ごみ袋をいっぱいにする趣味は無いのですが、画材屋で用具を買う時にキャンバスなど柄の大きいものが多くそれを入れる袋をゴミ袋に使っているので  その袋がいっぱいになるまでごみは捨てられずにアトリエにあるという寸法。。。coldsweats01 

いざ掃除となると、イーゼルの奥や椅子の下の埃を掃除するために下に積み重ねた旧い絵を引っ張り出さなければならない。。。

引っ張り出せばどうなるかというと・・・そのまま元どおりに戻すというわけにはいかないのですよ。何せ、完成品などほとんどないのですから。。。 

ほとんどが中途半端で、絵がもしどこかへお嫁入りということになれば、急きょ付け焼刃で仕上げるという荒業。。。

数年ぶりで見る絵など絵の具の酸化で色が沈みお色直しをする必要があるのでこれまた仕舞い込めずに脇に積み重ねておく状態。 

結局掃除と云いながらかえってアトリエが散乱するしまつで、なんのことはない、明日からまた愚作の手直しが増えただけの話。

ま、いいでしょう。こうして私は一生退屈知らずでいられますから。。。think

002_480x321

001_480x321

しばらくは出しっぱなしになる予感・・・(ノ_≦。)

| | コメント (2)

麦ごはんの効用

テレビで〔身体によい食品〕の番組があると翌日はスーパーで話題の食品が品切れになるほどよく売れるとか。。。

好き嫌いの多い私、〔どうせ嫌いな野菜を山ほど食べなきゃならないにちがいない〕ということであまり関心がなかったのですが  この前観たある番組で〔コレステロールが高い人には麦が良い〕という話をしていました。 

この春の血液検査で私、コレステロールが、心配するほどではないけどやや高め。ドクターに〔野菜をお嫌いでしたよねぇ。では市販の野菜ジュースでもいいですよ〕と云われて野菜ジュースを飲むことにしたのですがあまり美味しくは飲めない。そろそろ野菜ジュース飽きた・・・。 

と思っていたところに、この〔麦がコレステロール値を下げる効用がある〕という話に私乘りました。

で、早速押し麦を買いご飯に混ぜて炊いたところ、最初ブツブツ感がちょっと気になりましたが、すぐに慣れ、そのうち結構麦ごはんが美味しい。shine 

そして、麦を入れたことにより、普段の3倍はよく噛んでいるということに気付きました。これは素晴らしい。

逆流性食道炎ということで以前からドクターに〔よく噛んで食べるように。〕と云われていたのですが、早い食べ方が習慣でよく噛んでゆっくり、がなかなか実行できなかったのです。

それが麦ごはんにした途端に自分で驚くほどよく噛んでゆっくりと食事できるようになりました。

早食いの方麦ごはんをお試しあれgood

Photo

次の血液検査ではきっとコレステロール値が下がっているに違いないnote

| | コメント (10)

左利きの矯正の是非

先日、ブログのお仲間O氏が左利きということをお聞きし仲間を得たような気がしてちょっと嬉しい気がしました。左利きというのはどちらかというと男性に多いとか。。。 

私は普段自分が左利きだったということを忘れているのは子供時代厳しい矯正にあい、ほとんど直っているからで、結果的によかったことは大人になって、左利きの為道具などを使えないという不便をせずに済んでいることです。 

しかし、小学校へ上がった当時、家庭や学校での矯正は少なからずのストレスを受けたのはたしかですね。

お箸や茶碗の持ち方は家庭で教わっても、学校では皆の前で黒板に右手で字を書かなければならない恐怖があり、特に私にとって書きにくい字〔む〕や〔す〕という字が書けずに混乱しました。 

私は6歳乍ら自分は劣性なのだと悟りましたね。

自分が社交性に欠け、読書や絵を描くという〔一人遊び〕が生涯変わらず何より好きだということに、子供時代の左利きの矯正が影響しているのではないかと 思うことがあります。

Imagesl98z6ung_275x183

| | コメント (8)

豆腐の味

暑くなると冷奴が美味しくなりますが夫が〔この頃の豆腐は昔と味がずいぶん違うね〕というので、〔舌も年取ってるせいもあるのよ〕と私。。。とはいうものの確かに今の豆腐と昔のものとはだいぶ味が変わってきていることは確かです。

私が東京江戸川に所帯を持った昭和40年頃〔えらい昔の話で恐縮coldsweats01〕、午後3時頃になるとラッパを吹きながらお豆腐屋さんがやってきて一丁15円のお豆腐に必ずあぶらげ一枚をおまけしてくれたものです。当時は〔豆腐とはこんなもの〕としか思わなかったのですが、今思うとこのお豆腐の味はじつに美味しかった、ということが今よくわかります。 

いまスーパーにあるお豆腐の中で別格のものを買っても昔の15円のお豆腐の味には程遠い。なんというか、美味しくないというのではなく、妙にクリーミーで素朴な味ではなくなったというか。。。

先日、野反湖の帰りに、六合村で大正時代から続いているというお豆腐やさんで作りたての豆腐をお店で頂きました。 

いまだに昔ながらの製法で作られているお豆腐は見た目にも素朴で味わい深いものでした、途中までは。。。けど何しろ大きい。途中から味が判らなくなりギブアップ。

お店で頂くには量が多すぎましたbearing

054_480x321

4分の1ぐらいでちょうどよかったeye

| | コメント (14)

私の孫ではない(-.-)

昨年孫が生まれた末妹、電話のたび〔可愛いよ~〕を連発し、孫の話が最も長くなるので内心辟易しています。

孫が可愛いのは解るが、私の孫ではない!こちらが忙しいときに顔もみていないアンタの孫の話に長々と付き合っていらない!  と云いたいところだが、また冷淡だの薄情だのと云われるのも心外なので少しの間相槌はうちます。 

兄妹の子、孫といっても住む場所が違い滅多に逢うことがなければ、正直他人の子、孫と同じですよ。でも相手はそうは思わないらしく、血縁関係があれば自分ほどではないにせよ、当然可愛い筈だと思っているふしがあります。。。eye 

郷にいた頃は甥や姪を可愛がったのだから特に子供嫌いではないつもりですが、長年子供に接していないので妹の孫カワイイの話題についていけません。 

私はこの末妹がまだ4,5歳の頃とても可愛がった。が、”アンタの孫はそれほど可愛いとは思えませ~ん!”

Images8901jngw

| | コメント (6)

別天地の涼 野反湖

わが地方、昨日〔18日〕は日中の気温が35度越えという今年初めての猛暑日だったそうですが私知りません。それは群馬の隠れたる避暑地〔私個人の命名(^.^)〕野反湖にでかけていましたから。 

野反湖は群馬、新潟、長野県境にある人造湖ですが、交通機関が無く〔シーズン中はバスあり〕極めて不便な場所のせいか俗化を免れている天然湖然とした美しい湖です。

008_480x321
岩櫃山
テレビドラマ〔真田丸〕で思いがけなく名を知られることになりました。

013_480x321
丸岩

長野原にある変わった形の岩山 秋には赤いベレー帽を被ったようになりますdelicious

014_480x321

八ッ場ダム建設付近 ダムができるのは2019年だそうですが、老齢のため多分ダムを観ることはできないと思います。

018_480x321

草津白根

遠方からでも白根の特徴がよくわかります。

020_480x321

野反湖

残雪の野反湖、紅葉の野反湖、そして初夏の野反湖。湖の色は季節で違いますがどの季節も甲乙つけがたい。残念ながらレンゲつつじのシーズンは終わっていました。

030_480x321

標高が1513のため涼しいというより寒い。

042_480x321

バンガローがいっぱい。夏はキャンプに適していますね。

052_480x321

紅マスが釣れるそうです。

058_480x321

帰りは暮坂峠を通って。大正時代若山牧水が通った峠。

066_480x321

若山牧水像と歌碑

080_480x321

有笠山 秋の絵を描いているのですが、こうしてみると全く違う山になっています。やっぱり秋に来なくちゃだめかな。。。think

072_480x321
出かけたらやっぱり温泉に入らないと。。。delicious













| | コメント (6)

男のヘアースタイル

最近テレビでみる男性のヘアースタイルが気になりますね。20代の若いタレントならともかく、いい年をしたニュースキャスターまでもが目元まですだれのように前髪を垂らしていたりするので、観る側の私、鬱陶しくてしょうがない。 

女の子なら童女のように可愛らしく見せるために前髪を垂らすというのは判らないでもないが、オッサンが何の必要があって目元まで髪を垂らすの!〔ある地方テレビアナウンサー集中攻撃impact〕 

広い額は聡明さを表すというのにそこを隠してしまうのはいかにも惜しい。それともなんですか、頭部が薄くなって、垂らす前髪の無い上司へのあてつけとか?

そこへ行くと昔の男はリーゼントとか、オールバック、または綺麗な7:3に分けるとか、セクシーなヘアースタイルをしていました。

〔風と共に去りぬ〕のクラーク・ケーブル〔誰がために鐘が鳴る〕のゲーリークーパー、〔カサブランカ〕のハンフリー・ボガード 〔哀愁〕のロバート・テーラー、〔慕情〕のウイリアム・ホールデン、〔ローマの休日〕のグレゴリー・ペック・・・旧すぎる? では初代007のショーンコネリー。  彼はカツラをとってからの方がいいですね。つまり十分に禿げてからのほうが魅力的でした。 

禿頭といえば、今話題のあの方、知的なはずの禿頭がなんで〔セコ~イ〕で名をはせる〔怒!〕他の禿頭の方々に謝れ!

エラい脱線してしまいました。happy02

N0008195_150x200

ショーン・コネリー

| | コメント (8)

内輪の話

昨日、伊豆に住む末妹から電話があり、やはり近くに住む長姉〔84歳〕がだいぶ心もとないという話です。

長姉の精神面が不安定だそうで、思わず〔認知症?〕と聞くと〔話は理解できるようだし、云うこともしっかりしているが気力が弱ってすぐに泣くようになった〕とのこと。 

しきりと私に逢いたいと云っては外出の支度をするので目が離せないとか。。。

姉はわが家に幾度か来てはいるのですが、それは20数年も前の事。姉は元々腺病質で、足もおぼつかない今は伊豆から一人我が家に来るのは絶対に無理です。 

親思いの息子が2人もいるのですから、母親を我が家に連れてくるのは造作もない事ですが、彼女車酔いをする。列車だって車酔いするでしょう。

とりあえずこちらから電話をし、そのうち必ず顔を見に行くからと約束をしました。電話の様子では今までと変わりないようだったけど。。。気分の波?それとも嫁とのトラブル?

002_480x321

F6号 紫陽花

001_480x321

F4号 妙高

どちらも古い絵。お色直ししましたdelicious

| | コメント (0)

月例デッサン会

昨日〔第2日曜日〕は月例デッサン会でした。朝から暑いのでクーラーを付けようとしたら〔故障につき使用不能〕の張り紙が。。。

急遽取り付けたらしい小さい扇風機が天井に4個つけられていてなんとか暑さを凌げそう、と思ったのが暑さに鈍感な私だけ。 

気の毒なのは若いモデル嬢。ポーズが終わるごとに部屋を開け放ち窓から入る風で暑さをしのいでいます。しまいには、いつもは完全に密閉した部屋でのデッサン会なのですが、仕切りを開け、部屋を広くしての作業。

困ったのは扇風機の風で窓のカーテンがはねあがり、クロッキー帳がめくれあちこちでざわざわクリップの用意の無い方は災難で、その周囲のざわめきが伝染し落ち着かない事おびただしい。という最悪の条件でのデッサン会でした。

001_480x321

15分

012_480x321

15分

006_480x321

10分

005_480x321

5分

009_480x321

5分 

上手く描けなかったのはさもクーラーのせい、と言わんばかりcoldsweats01

どんな条件でも上手い人は何の問題もないのです。









| | コメント (6)

ビスケットの話

〔ものを食う話〕という、文筆家たちの短編集のなかに森茉莉がビスケットについて書いたものがあります。

読んでいるうち、ビスケットなるお菓子はなんだか高級菓子のように思えてきました。  森茉莉がビスケットについて書いてある部分を少し書き出してみると

〔ビスケットには固さと軽さと適度の薄さが絶対に必要であって、  また噛むとカッチリ固いくせに脆く、細やかな雲母状の粉が散って、胸や膝にこぼれるようでなくてはならない。そうして味は上等の粉の味の中に牛乳と牛酪の香いがほのかに漂わなくてはいけない〕上等のビスケットについてまだまだ美文で書きつづられていますが、長くなるので。。。 

う~ん、ビスケットがこれほどのものになるともはや子供のおやつとはいえなくなる。また私が雑に飲んでいるコーヒーなどより、このエッセイに描いてあるように、やはり上等な英国産の紅茶でなければならないでしょうね。

ビスケットと云えば、小学校で遠足の時に持っていった動物の形をしたものを真っ先に思い浮かべますが、それ以外に思いだすビスケットもあります。

我が家の近くにこの町きっての大金持ちがありまして、  私と同級の男の子がいたことでその豪邸に出入りできたのでした。そこで頂いた見たことも無いお菓子、あれがどうやら、森茉莉のいうビスケットに近いようだったと思います。少なくとも形はこの本に書かれているビスケットでした。

当時のおやつといえば、南部せんべいとか まめしとぎという郷土菓子だけですから、いかにもしゃれたデザインの気取ったお菓子から漂う良い香りに、2枚頂いたビスケットを食べてしまうのが惜しい気がしたものです。 

今、もし同じビスケットを目の前に出されたとしたら、特に珍しいものではないと思うのですが。。。。

Pic_biscuit

ビスケット

カルケットというのはカルシューム入りのビスケットだそうです。

へぇ~そうであったか。。。

| | コメント (8)

料理下手の姑が理想的

わが亭主、云えば問題の無いことは無い〔ややこしい云い方(^^ゞ〕男ですが、一つだけ好い点を挙げれば〔食卓に上がったもの〕に文句を云ったことがないですね。この年齢の人間としては〔美味しいね。〕〔ウン、美味い、美味い〕と口に出す方です。  いえ、云わないと私が機嫌が悪いとかいうんじゃないですよ。もともと考えるより先に軽く口に出すタイプ。きわめて正直に。だから彼には私の作るものが初めから美味しかったのは間違いないですね。

私の姉妹に云わせれば私は姉妹で最も不器用で料理下手。私が結婚するにあたり〔どうなることだろう〕とみな不安がったと云います。 

それがなぜ大丈夫だったか。。。これはひとえに義母が超のつく料理下手だったからです。

物が乏しい戦前戦後に、女手一つで大勢の子供を抱え生きていかねばならなかった人ですから、料理の美味い、不味いなど考えていられない。 

夫はそういう家で育ったので、私の姉妹たちの言う〔どうなることだろう料理〕が〔美味かった〕わけで、あげく長い年月をかけてその味に慣れちゃった。思えば気の毒smile

ですからね。若い女性達が結婚する際には、男性の母親が料理自慢の方でない方が身の為というものです。 

なまじ料理の得意な義母さんだと夫はいつまでも〔おふくろの味〕を恋しがりますからね。これ結構妻にとってはむかつくらしいよ(# ゚Д゚) ムッカー

Imagesm0z77t44

| | コメント (6)

友達が居ないけど、悪い?

私、自慢ではないけど友達と呼べる人がいませんねぇ。

友達というのはお食事したり、一緒に旅行したり、美術館へ行ったり 胸の内を明かしあったり、ショッピングしたりなどするわけですよね。食事ぐらいは成り行きで絵仲間とすることはあっても、あとは一人が気が楽ですから友達と称する他人と行動を共には出来るだけしません。 

胸の内を友達という他人に話して気が晴れるという気がしないし、解ってもらえる気もしない。。。これでは友達が出来るわけがないですね。

昔はうんと年上の尊敬する先輩などの貴重な美術の話を聞くのが好きで〔年寄り好き^^〕行動を共にしたりしましたが、これは友だちとは云わないでしょう。 

酒席で語り合うのも、悩み事を聴いてもらうのもほとんど友達と呼ぶには畏れ多い先輩たちで、いまほとんどあちらの世界ですから、ますます他人と接することが少なくなりました。

ここまで高齢になるとむしろ新しい友人など煩わしいでしょう。夫という〔友人〕が居ますし、ブログのお仲間で充分な私です。

Sketchi64big

| | コメント (20)

緑麗しいろは坂♪

〔そういえば、今年はまだ日光へ行っていないね。ズミの花を観に行こうじゃないか〕というので日光戦場ヶ原までドライブ。なに、ズミの花など口実、夫は大好きないろは坂を走りたいだけです。

005_480x321

国道122号線を走り、草木ダム周辺にある富広美術館で一休み

絵のほうは幾度も観ているので館内にある喫茶室で今回はコーヒーだけ頂きました。

006_480x321


008_480x321


美術館の喫茶室から。午前中ですから我々だけ♪

011_480x321

濃くなり始めた緑の中をただ走るのみ。お爺車の少ない〔時間帯による〕この道が好きですね。

013_480x321

016_480x321

足尾

017_480x321

日光中禅寺湖の鳥居

023_480x321

024_480x321

中禅寺湖畔

025_480x321

028_480x321

龍頭の滝  修学旅行の生徒たちが帰ったばかり、静かです。

033_480x321

堂々の男体山 青空に白い雲が美しい。

036_480x321

戦場ヶ原 このあたりからズミの美しい並木道になるのですが、遅かったですねぇ、咲き終わっていました。今年は早く咲いたようです。

040_480x321

光徳牧場あたりにわずかに咲き残っていました。ズミは漢字で〔酢実〕と書くそうで〔コナシ〕

と呼ばれるバラ科の植物だそうです。良い香りがします。

039_480x321

お昼どきだったので、ホテルのレストランで昼食。レストランの中庭。

夫、レストランの女性に〔あの木を切ったほうが風景がいいんじゃないの?〕

ウェイトレスの女性に言ってもねぇ。。。think

048_480x321_2

湯の湖の道路端でスケッチしていると、光徳牧場を出た道あたりに脚の悪いご老人が歩いていましたが、中禅寺湖畔まではかなりの距離だというのに、此処で逢い驚きました。かなり脚が不自由そうなのに杖なしです。お年を聞くと昭和3年生まれの88歳だそうです。脚に痛みが無いらしく、ゆっくりと歩くことで健康を維持しているようですね。

私の脚では無理な距離。。。

060_480x321

湯の湖のいつものホテルで日帰り温泉を。硫黄の匂いが強いので

匂いに弱い人は駄目かも。。。

043_480x321

ズミの花は終わっていましたが、つつじはまだ十分にきれいな中禅寺湖周辺でした。

073_480x321

よそのお宅の庭先でよく見かける花ですが何という花かしら?

| | コメント (12)

佐久~軽井沢へ

ちょっと雲の多い日でしたが、佐久美術館から案内状を頂いていたので、買い物、日帰り温泉をかねて佐久、軽井沢方面に出かけてきました。

美術館以外は目的の無いドライブ。時間はたっぷりあるので浅間山を中心にあちこちフラフラと徘徊してみたのですが、特に目新しい風景は探せませんでした。

003_480x321

いつも同じ場所でパチリ。浅間山がうっすら。見えないよりはマシという程度ですね。

下仁田で高速を降り、南牧村へ。

004_480x321

005_480x321

009_480x321


013_480x321

下仁田、南牧村は昭和の色濃い雰囲気が漂っていて私などはゆったりした気分を味わえますね。

001_480x321

南牧村へ来たかった理由はコレ↑とらおのパンです。

製作者とらおさんがちょうどできたてのアツアツのパンを持ってきたところ。

グッドタイミングです♪

014_480x321

田舎の良いところは、遠来の客のために村人がこのようなお座布団を

固い椅子に敷いてくれています。つい坐ってみたくなりますね。

021_480x321

ボケボケ画像ですが、懐かしい雰囲気のタバコ屋さん

023_480x321

下仁田に戻りました。木造の建物。025_480x321

寂しい家並みとなりました。

033_480x321

内山峠  荒船山が見えてきました。緑も一色になりましたね。

〔車の窓の汚れが・・・coldsweats01

041_480x321

兜岩山・・・カエルの顔にもみえる(^◇^)

042_480x321

内山峡

 この辺一帯はこのような岩山で秋はなかなかのもの。。。

002_480x321

案内状は片岡珠子の〔紅富士〕

佐久近代美術館では〔祝・山の日 美術館で山歩き〕という企画展で、日、洋日本の一流画家たちの、おもに信州の山々の絵が展示されていて、遅ればせながら今、山の絵の多くなった私にはなんとも嬉しい企画展でした。

063_480x321

今頃の浅間山の色はまたいうに言われない魅力があります。

御代田に美味しいパン屋さんがあり、ここでコーヒータイム。

代わり映えのしないコースですが、中軽井沢のスーパーツルヤで買い物

峠の湯に入って帰りました。

070_480x321

え!高速道の補修中?碓井峠から。072_480x321

これは6時30分ごろの写真。

この時期の日の長さはありがたいですね。

ゆったりと一日を過ごせます♪

 

| | コメント (8)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »