« 歌いながら描く | トップページ | 美人の訪問 »

終戦ドラマを観る

8月になると終戦ドラマが多くなりますが、まずトップを切ったのがNHK。

〔終戦スペシャルドラマ 百合子さんの絵本 陸軍士官小野寺夫妻の戦争「スパイが暗躍する北欧 ムーミンの翻訳者の感動実話」 〕 

これ、全部題名ですかね?

この時代の実話ドラマは私の年代ではどうしても観てしまいます。 

薬師丸ひろ子と香川照之が30代~80代までの年代をベテランらしい充実した演技力で魅せました。

1941年情報部員としてストックホルムに出向いた夫を追って、夫婦で日本のために情報を国に送るが報われることが無く戦争が始まる。やがて終戦になり、夫は戦犯として捕えられる。

その間の夫婦の苦労の実話ドラマですが、この時代のことを取り上げたなら、似たような経験をされた元軍人の方々が大勢いたのではないでしょうか。

もっと多くの実話ドラマを観たいものです。

Photo

童顔の薬師丸ひろ子の老け役意外と不自然ではなかったですね。

|

« 歌いながら描く | トップページ | 美人の訪問 »

映画」カテゴリの記事

コメント

NHKのドラマ、私も観ましたよ。
なんとなくチャンネルを合わせたらやっていたので…
この時期、戦争に関するドラマが増えますね。
戦争中にヨーロッパ各国に派遣されていた武官や大使はの多くは、世界情勢が分かるにつけ戦争は無謀だと感じたのではないでしょうかね。

投稿: silent-holly | 2016年7月31日 (日) 02時03分

香川照之はもとより、薬師丸ひろ子も中々の名優ぶりでしたね。
老け役はどちらも流石に髪型と髪色だけでしたが・・
せめてあの程度の話ぐらいは多くの人が知るべし、
ですね。

投稿: 仙人 | 2016年7月31日 (日) 06時06分

ドラマは見ていませんが、あの当時の日本人は皆、
お上のいう事を鵜のみに信じていた人が
大半なのでしょう。
現代人の私は・・・北朝鮮の報道があるたび、
日本人も世界からみたら今の北朝鮮の人のように
思われていたのだろうな~、と見ています。

投稿: マーチャン | 2016年7月31日 (日) 06時54分

おキヨさん、こんにちは

私は戦争についてはあまり知りません。戦争映画は大和や真珠湾攻撃など、蛍の墓、そんなイメージでしょうか? 唯、ベルリンの壁があった頃、東ドイツで見たテレビチャンネルが「戦争番組」と「おしん」だった事が現実的だった記憶があります。

投稿: 岳 | 2016年7月31日 (日) 10時07分

Sailent-holly様
戦争終戦時代のドラマはこの時期増えそうですが、あまり過剰な演出や美化されることは好ましくないですね。
昨日のドラマは、事実に基づいたものとしてよくできた方だったと思います。
国を離れ客観的な目で日本を観たのですから、主人公は真っ当な判断だったと思うのですが、受け入れられなかったのは当時5歳の私でもわかります。

投稿: おキヨ | 2016年7月31日 (日) 12時27分

仙人様
当時のことは伏せられた部分がまだまだあるのではないでしょうか。
このドラマの主人公も長らく語ることを良しとしなかったようです。自分自身の痛みになりますからね。

薬師丸ひろ子は可愛いだけの女優ではなくなりましたね。香川照之は言うまでもなく万能演技者ですね。

投稿: おキヨ | 2016年7月31日 (日) 12時34分

マーちゃん様
当時は、長いものに巻かれなければ命を落とすことになりかねませんでしたからね。
軍部がもう戦争突入に凝り固まっていて冷静な判断力を失っていた状態だったので、一人の意見など取り上げるわけがなかったのです。

おっしゃるように、戦争当時の日本は今の北朝鮮に重なるところがあるかもしれませんね。

投稿: おキヨ | 2016年7月31日 (日) 12時43分

岳様 こんにちは。
私は当時5,6歳でしたが、田舎でしたので、
戦争の過酷さはのちの知識で得られたものです。
とにかく知れば知るほど無謀な戦争だったことは間違いありませんね。

戦争の無意味さを人間はどうして理解できないのかが不思議ですね。
何世紀にわたり人はどこかで戦争しているのですから。。。

投稿: おキヨ | 2016年7月31日 (日) 12時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歌いながら描く | トップページ | 美人の訪問 »