« 人は破壊的か。。。 | トップページ | 脳のMRI検査 »

父の背中で。。。

71年前の8月15日、この日6歳の私は父と二人きりで海の中に居ました。

父と二人きりというのは後にも先にもこの日だけ。いつも思うのですが、あの無口で笑顔など滅多に見せたことも無い父が、兄達ならいざ知らず女の子の私を連れて海へ行ったことが不思議でしたが、そのことを不思議と思う年になっても、どうしてと気軽に問えるような父ではありませんでした。父が子に対して口を開くときは何かを注意するときぐらいで、こちらから父に対し問いかける話しかけるということはまずありませんでしたので。。。 

それだけにあの日の、父とたった二人きりの海の中は強い印象で私の中に残っています。

思うに、父は終戦になった、もう敵の飛行機がやってくることはなくなった、という安堵から海でのびのびと泳いでみたかったにちがいない。終戦前には東北の片田舎でさえ爆撃機が頻繁に飛んで来ていましたからね。 

私は沖へ向かって泳ぐ父の背中に居ましたが、見渡す限りの広い海でそれは恐ろしかった。あの日の父を懐かしく思い出すというのではなく、ただ怖ろしかったことだけを思い出すのです。

〔自分には強い思い出なのでこの話過去に何度か書いたことがあります。。。(^_^;)〕

116_1661


117_1711

郷の海

|

« 人は破壊的か。。。 | トップページ | 脳のMRI検査 »

昔の話」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
(* ̄ー ̄*)そっか、おキヨさんうちの姉と同じぐらいですもんね。姉はとゆうより、両親が満州へ行ってまして、終戦前に帰国してたので孤児にならなくて済んだみたいですけど。
自分の知らない時代ですね。
今、一党独裁の戦争を知らない世代が盛んに安保について語ってますけど、前の不幸を繰り返さないよう戦争をしない、平和憲法が日本の進むべき道だと思います。

投稿: mitakeya | 2016年8月16日 (火) 07時21分

おキヨさん、おはようございます

貴重な想い出ですね。我々の世代と言うか、私は父親に遊んでもらった経験など皆無です。子供の頃、記憶に残っているのは、本を買ってきてもらった事くらいで、70歳で他界するまでいつも働いていました。

投稿: 岳 | 2016年8月16日 (火) 07時43分

mitakeya様 こんにちは。

お姉さまと私がほぼ同年代。
そうでしたか。では貴方はもしかして末っ子?^^

ご両親は満州から帰られた。。。大変な苦労されてお帰りになったのではありませんか?
満州から帰った方々の苦労話をずいぶん聞きました。

戦争をすれば、勝つ国も、ましてや負ける国は当然、取り返しのつかない悲劇が残るだけ。
政治家の先生方はよくよく認識をしなければなりませんね。

投稿: おキヨ | 2016年8月16日 (火) 11時06分

岳様 こんにちは。

物心がついてから、たったひと時であれ二人きりで過ごした、という点では思い出といえますね。
父が泳ぎたいと思った時に、周囲には私しか居なかっただけの話でしょう。

昔の父親は、子供と接するのが下手でしたね。
特に私の父は育った環境が特異だったので、なおさらだったように思います。

投稿: おキヨ | 2016年8月16日 (火) 11時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人は破壊的か。。。 | トップページ | 脳のMRI検査 »