« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

こんな日に限って・・・(-_-;)

昨日まで風邪をひいて熱を出しておりました。今朝は平熱になり風邪は直りましたけど。

私の風邪はいつも引きはじめがはっきりしない。普通は、風邪の引きはじめに、くしゃみや鼻水、咳が出るとか  何となくだるいとかあると聞きますが、それが一切なくて、気がついた時には台所に立っていられない状態に。。。 

立っていられないというのは体中の関節が痛くなり始め、股関節症の右足がことに痛むんです。これは熱が出る前触れですが、動きすぎで身体の節々が痛い場合もあるので風邪の前兆と断定は出来ません。 

風邪気味と判れば事前に約束事を回避できるのに、身体の節々が痛いぐらいで知人の訪問を断るわけにもいかないでしょう。

アトリエで知人の絵の仕上がりを見ている間に、内装業者の営業マン氏が見えてコーヒーを入れる。その間にも玄関チャイム・・・。

組合長が早目の年末助け合い費の徴収。少ししてまたチャイム〔今度はなに!bearing〕はんこが必要な郵便物。 

まぁどこのお宅でも日常よくあることですが、熱のために身体の関節が浮いた状態にある高齢者がそのたびに階段を上り下りとなるとこれは別ですsad

少ししてアトリエのドアがノックされ〔熱いコーヒー入る?〕と夫。〔か~ッ!angry〕 

これからでも遅くはない、夫にコーヒーの淹れ方を教えなければ。。。

504b4d969fc28d38267dc3a344f71b7a

| | コメント (12)

本人に気付かれない認知症予防

前回に引き続きお爺の登場。

前歯が無くなったことで外にでたがらない夫をこれ幸いに、現在私が使用しているイーゼルが小品を描くには低すぎるので何とか出来ないかと相談してみました。

イーゼルは用途に合わせて大小何個かあるのですが、置く場所が問題。結局、過去には大いに役立った大型イーゼルの周りにあらゆる用具がひしめいているため、便宜上座る場所が限定されているので此処からは動けない。

大型のイーゼルでもハンドルを回せばいくらでも調節できるのですが、わがアトリエ、一般家屋のやや広めの部屋を使用しているので、アトリエとして作られたように天井が高くないので上には限界があり、イーゼルの突端が天井につっかえてしまうのです。 

私の相談に夫〔なんだよ、もっと早く云えばよかったのに。〕と嬉しそう。元来手作業の得意な夫です。

大きかったり、重いものは駄目よ” ”私が片手でとりはずしができるもの””使わないときじゃまにならないもの”などの難題をクリアして作ってくれた簡易イーゼル。 

イーゼルなどと呼べるものではないのですが、場所を移動せずに便利に使用でき取り外しも簡単notes

相変わらず人使いが荒い婆さんと思うなかれ!これ、我が家〔私の〕夫の認知症防止法なんです!

Photo


| | コメント (8)

意気消沈のお爺・・・ 爆

先週夫の前歯が欠け、部分入れ歯の使用も出来なくなりました。人間どんな小さな部品でもあるべきものが無いと見た目が実に奇妙なものになりますね。若い人なら前歯が一本欠けたぐらいではちょっとコミカルな顔になる程度で、口を開けなければ外観にさしたる変化がありません。が、年季の入ったお爺はその他の部分入れ歯も使用不可になりますからまるで人相が変わります。見た目が老人×二乗eye

歯科医院から帰った夫、〔歯が入るまでは結構日にちがかかるらしい。。。sad〕と。 

畑にはマスクをして出かけるものの、プールはお休み。

ですよねぇ、プールのお仲間には綺麗なおばちゃんも居るわけですから、歯の無い珍妙な顔を見られたくない気持ちはわからないでもないですが、思春期の男の子じゃあるまいし、85才のじい様がもうそんなことどうだっていいじゃないのと私は思うのですが。。。

明日、画材屋に行く用があるのですが、この分だと夫は行かないというかも。。。行けばいつも寄るコーヒーショップの馴染のきれいなおネイさんに歯の無い顔を見られたくないでしょうからsmile

Imagesyh0we43n

羨ましい歯delicious

| | コメント (10)

馴染の風景が満載♪

目が悪くなっいるというのに読書はやめられませんねぇ。最近はブログをさぼって空いた時間を読書にあてています。それと、早く就寝するせいで夜中に目が覚め、すぐに寝つけないので、その時間も読書を楽しみますnote なぜか今頃になって読書熱が舞い戻りましたdelicious

昨日読み終えた絲山秋子著〔薄情〕は、群馬高崎を舞台に展開します。 

東京から舞い戻った主人公が故郷群馬高崎の片田舎で、キャベツ農家のアルバイトなどしながら、それでもそれなりのささやかな男女の関わりをさして楽しむでもなく覇気のない日常を送っている。

ある日、ヒッチハイクの高校生を福島県まで送ったことで、彼のこれからの人生に何かしらの変化を予測させる。。。相変わらずの超短い作品紹介(~_~;) 

この本を新聞の新書紹介欄でみたのか、どなたかの紹介だったのかとんと覚えがないのですが、私は作品の内容うんぬんより、主人公が走り回る群馬の風景や道、また今はすっかり馴染んだ方言〔私もよそ者〕などは読んでいて親しみを感じる作品でした。

田舎道でのちょっとした出来事などでも〔そうそう、私もみた!みた!〕など、我が家のドライブコース満載。。。

中でも、南北村道の駅で売られている〔とらおのパン〕。主人公が都会から戻ってから交友を始めた芸術家の工房で登場します。 

パンの製造者とらおさんには南北村道の駅で2度ほどお目にかかって素朴なお人柄に触れましたが、今度会ったらぜひこの事を報せましょう。

 

文学作家の本に自分のパンが登場したと聞いてもあのおじさん喜ぶかどうかは疑問ですが。。。happy01

512gzliv3l__sx332_bo1204203200_

| | コメント (6)

他人事ではない

ここ数日間、新聞やテレビで高齢者ドライバーが引き起こす人身事故のニュースが目立っています。我が家他人事ではない。。。 

私は現在買い物運転が主になっていますが、もうすぐ85歳になる夫の運転でまだ多少は遠方へ出かけたりしているのです。でもさすがにもう熟知した場所以外の所には行かないし、ここ1年は何年も行かなかった場所には心して行かないようにしています。 

ニュースでは認知症がピックアップされていますが、そればかりではないようで、これはどうやら高齢の為咄嗟の判断に対応できなくなる場合も多いのではと思います。これは若い頃にはいかに運動能力の優れた人間でも否めない事実でしょう。

何事もない場合には運転技術など長年の経験で自分ではさほど能力の衰えを感じないのは私自身もそうですから他の高齢者も同じと思います。 

怖いのは咄嗟の出来事に対応できなくなること。注意力が散漫になること。。咄嗟の出来事など今までの運転歴で少なからずあります。今までは対応できた。。。問題はこれからですね。

これを考えると近所のスーパーの買い物といえども気を抜くわけには行きません。先日だって、わが団地内でも、若い頃には運動能力に優れた奥さん同士が追突事故を起こしましたもの。。。幸い怪我などありませんでしたが。。。 

頭はたえず、この問題は引っかかっているものの、免許返還の決断は我が家二人ともまだ出来ていません。

どうしたものかのう。。。think

Gazou10

子供のいるお宅は子供に免許返納をうるさく迫られるようで、否応なしに返納する方もいるとか。。。

我が家それがありませんので自分の決意だけです。

008_r

007_r

テストの画像 そのまま載せておきますcoldsweats01

| | コメント (8)

PC不調の原因

これまで不調と云いながらもなんとかネットに繋がっていたPCが、3日前まったく通じなくなってしまいました。付いたり消えたりするアダプターをあれこれいじったらなんという事!アンテナ―のようなものがポロポロとまことに造作もなく折れてしまった!w(゚o゚)w 

すぐに馴染のPCサポーターO君に電話をし、忙しい彼に無理を云って今日きてもらいました。

この壊れた器具は実は15年ほど前にNTTから借りたものです。考えたら15年はよく持った方ではないでしょうか。  借りたものは返さなくてはなりませんのでNTTから書類が送られて来るらしいので書類にしたがって返す仕組みのようです。 

というわけでここのところPCが何となく不調だった原因が判りました。

が、夜になって久しぶりに簡単な記事を書き画像をUPしようとしたらそれが出来ないsweat01

簡単な画像挿入の説明もしてもらったというのに、今までのやり方、新しいやり方、どちらも出来ません。

O君に確かめたところ画像の容量はまだ十分だというし。。。どういうこと?

そんなわけで、今日は画像無しのブログとなってしまいました。bearing










| | コメント (11)

二人揃ってカン違い(-.-)

地元の広報で冬桜が見頃を迎えたということを知り出かけてきました。

たしか7,8年前だったと思うのですが、冬桜と紅葉のコントラストが美しい公園だったのを思いだし日帰り温泉ついでに  久しぶりに行ってみようかということで出かけたのですが・・・・。 

”もっと近かった気がするけど、遠いわね。。。。”しばらくして”あら、湖!こんなところを通ったっけ?”そのうちダム湖らしい湖の橋を渡り、どんどん細い道を山の上へ行くので  ”この道まったく覚えがないんだけど”・・・夫”〔標識通り走っているんだから間違いないだろう。。。〕

腑に落ちないまま〔冬桜の郷〕に到着。やっぱり以前行った冬桜と紅葉の華麗な庭園風の場所とは違います。が  冬桜はありました。観光客もボチボチ。でも桜を観るには駐車場に車を置き、山を登ったり下ったり。  脚の弱い私にはかなりの負担。以前はこんなことなかった。。。 

夫が地元の方に〔以前に来たところとどうも違うような気がするんだけど、冬桜の名所は他にもありますか?〕と聞くと、真反対の方向にある、という話。我が家からもっと近くの場所です。 

途中までは間違っていなかったのですが、ある場所で右と左を間違えたbearing。どちらも冬桜の名所○○公園ですもの。。。

おかげで群馬の自然の山並みの美しさを堪能できた好いドライブにはなりましたnotes

Sakura04_0

E72887m
夜はライトアップするようです。
この二つの画像は冬桜の名所ホームページからお借りしました。

実は冬桜の花弁は春の桜と違い大変小さくよほど咲きそろわないと華やかさに欠けます。

| | コメント (6)

女性美今昔

今日のY新聞に小さい写真ですが、昭和25年に、日本の美人コンテスト第一号に輝いた山本富士子さんの写真が載っていました。美人コンテストですから当然彼女は20歳前後でしょう。

山本富士子さんの容姿、容貌はろうたけていてどこから見ても立派な大人の女性です。5,60年前の美人とはそういう大人の容姿容貌でなくてならなかったのです。 

今みると当時の山本富士子はまぎれの無い日本人体型のたっぷりとした肉付きで、その体型が美しいとされていました。当時人気女優の原節子、高峰三枝子なども同じですね。

今、NHK朝ドラで観る女優さん達と比べると、とても同じ年代とは思えません。わずか6,70年で日本人の体形、容貌は著しく変わり、女性の体型は細長く伸び、童顔が主流となりましたね。つまり顔のパーツが幼子のように下部に詰まった可愛らしさが美人と云われるようになってしまった。。。 

私は、これは年のせいでもあるのでしょうが、朝ドラの女優さん達がはじめのうちみな同じ顔に見えていました。女優さん達みなさん類型的で、おまけに前髪を目のあたりまで垂らした同じヘアースタイル。細かいことを云えば当時20代の既婚女性があんな髪型をしていたとは思えません。 

山本富士子からエライ脱線をしてしまいましたbleah

時代の流れに不満を持つほうがおかしいのはわかっていますけど。。。

Photo

山本富士子 

| | コメント (8)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »