« 他人事ではない | トップページ | 意気消沈のお爺・・・ 爆 »

馴染の風景が満載♪

目が悪くなっいるというのに読書はやめられませんねぇ。最近はブログをさぼって空いた時間を読書にあてています。それと、早く就寝するせいで夜中に目が覚め、すぐに寝つけないので、その時間も読書を楽しみますnote なぜか今頃になって読書熱が舞い戻りましたdelicious

昨日読み終えた絲山秋子著〔薄情〕は、群馬高崎を舞台に展開します。 

東京から舞い戻った主人公が故郷群馬高崎の片田舎で、キャベツ農家のアルバイトなどしながら、それでもそれなりのささやかな男女の関わりをさして楽しむでもなく覇気のない日常を送っている。

ある日、ヒッチハイクの高校生を福島県まで送ったことで、彼のこれからの人生に何かしらの変化を予測させる。。。相変わらずの超短い作品紹介(~_~;) 

この本を新聞の新書紹介欄でみたのか、どなたかの紹介だったのかとんと覚えがないのですが、私は作品の内容うんぬんより、主人公が走り回る群馬の風景や道、また今はすっかり馴染んだ方言〔私もよそ者〕などは読んでいて親しみを感じる作品でした。

田舎道でのちょっとした出来事などでも〔そうそう、私もみた!みた!〕など、我が家のドライブコース満載。。。

中でも、南北村道の駅で売られている〔とらおのパン〕。主人公が都会から戻ってから交友を始めた芸術家の工房で登場します。 

パンの製造者とらおさんには南北村道の駅で2度ほどお目にかかって素朴なお人柄に触れましたが、今度会ったらぜひこの事を報せましょう。

 

文学作家の本に自分のパンが登場したと聞いてもあのおじさん喜ぶかどうかは疑問ですが。。。happy01

512gzliv3l__sx332_bo1204203200_

|

« 他人事ではない | トップページ | 意気消沈のお爺・・・ 爆 »

読書」カテゴリの記事

コメント

おキヨさん、こんにちは

「とらおのパン」が登場しましたか!
おキヨさんのブログで何度か紹介されていて、私も良く憶えています。映画などもそうですが、舞台が見知った場所だと興味深いですよね。私も早起きして読書する習慣が染みついてしまい、変な時間に眠くなります。

投稿: 岳 | 2016年11月18日 (金) 12時00分

岳様 こんにちは。
まぁ、記憶力のいいこと!
そうそう、とらおのパン、ブログに書きましたよね(^^ゞ
あとで作家絲山秋子氏を検索してみたところ、高崎市に在住していますね。この地方に詳しいわけです。

年をとると睡眠時間が乱れるのはどなたも一緒でしょうね。

投稿: おキヨ | 2016年11月18日 (金) 12時16分

ご無沙汰してました。
やっと通常の生活に戻れました。

読書、老眼になってから文庫本じゃ字が小さい、
かといって単行本は高い…で、あまり読まなくなって
ましたが、最近図書館を利用するようになったので
また時々読むようになりました。
「薄情」、一瞬夫のこと?と思ったけど、本の題名
(当たり前だがね)、図書館にあればいいな。

投稿: バルおばさん | 2016年11月19日 (土) 19時15分

バルおばさん様
お~、お久しぶりpaper
お元気そうで何よりです。
私も文庫本は読みにくくなりました。しょうがないから重たい単行本をバックに入れて持ち歩いています。
〔薄情〕という本は群馬の隅々が描かれていて群馬県民なら面白く読めると思いますよ。scissors

コラコラ、殿になんということをsmile
この題名ね、私も内容とかみ合わない感じを受けたのよね。虚無感のある主人公を指しているのかな。。。

図書館って新刊書を置いているの?

投稿: おキヨ | 2016年11月20日 (日) 12時48分

あ、その本は新刊なんですね。じゃぁ、置かれてない
かな。
久しぶりに、森鴎外の高瀬舟が読みたくなって図書館
で探したら、ボロ…、超古い本で流石に借りませんでした。
今、本当に読みたいという本はやはり本屋さんですね…

投稿: バルおばさん | 2016年11月20日 (日) 22時17分

バルおばさん様
ゴメン、よく見たら去年の発売で新刊書ではなかった。happy02

地元の作品なのだから県内の図書館にはおいてあるかも。。。
ただね、借りる人が多ければなかなか自分の番になりにくいよね。

図書館で本を借りる人は合理主義者ですよね。
だって家の中が本で乱雑にならないもの。。。

投稿: おキヨ | 2016年11月21日 (月) 12時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 他人事ではない | トップページ | 意気消沈のお爺・・・ 爆 »