絵画

新しい空調が入った♪

昨日〔日曜〕は月例デッサン会でした。部屋に入って驚いたのは、真新しい空調が設置されていたこと。

8月にエアコンの利かない部屋に一日居て熱射病のようになって気分が悪くなってしまった私。それでも寒さよりはまだまし。 

私は寒さに滅法弱い体質で、寒くなったらやむなくデッサン会を休む覚悟をしていましたが、やれ嬉しやその覚悟はもう必要無くなりました♪

この古~~イ公民館にそぐわないシャープな新型の空調が入るとは思ってもいませんでした。ということは、この古~~イ公民館、結構利用者が多いということでしょうね。 

私は20年以上この公民館を利用させてもらっていますがその時にはすでに前のバカデカイ空調でしたから、20数年は使用されていた計算になります。

いや立派!よく働きました👏

P1020267

P1020271

昨日描いたものがUPできないので2008年に描いたものを再度UP(^_^;)

| | コメント (2)

母の肖像画を描く

今、末妹に送る母の肖像画を描いています。

姉妹みんなに描いたつもりでいたのに〔いいえ、私はもらっていない!〕というので、30数年前、我が家に遊びに来た母を描いた鉛筆デッサンを素に 数日前から描き始めました。 

下手なデッサンですが、今みると細部をじつに丁寧に、母親の特徴を描き表しています。今よりは集中力があったようですが、その分モデルの母が大変だったかもしれません。母の顔は心なし疲れがにじんでいるように感じられます。

強引に長時間モデルをさせて気の毒なことをしたと思うのですが、このデッサンを元に描いた絵を我々娘たちがそれぞれの家庭で飾り母を偲んでいるのですから  結果的にあの無理強いがよかったということになります。

もう一つ気の毒といえば、当時は母は72歳。今の私より5歳も若かったのです。どれほど年をとっても女は自分の衰えを他人〔たとえ娘でも〕にあからさまにしたくないというのは今なら私もよく分ります。それなのに私ときたら 容赦なく母の目じりの皺や頬のたるみを克明に描き、母がおもわず〔オラ、こんなに老けて見えるべが・・・〔東北弁〕〕と嘆いたことを思い出し、今になって気の毒なことをしたものだと思うのです。

Sketch14big_330x417_2

古いスケッチブックから。

とうとう新しい画像をUPできなくなってしまいました。

PCにキャリアを挿入しても何の反応もありませんsad

| | コメント (10)

熱中症?

昨日はお盆を避けて1週間遅れの月例デッサン会でした。

会場はもうエアコンを新しく設置する気などないらしく、この暑い中小さい扇風機が3か所〔4つのうち早くも一個故障〕  この暑さにエアコンが使えないことを承知でやってくる会員は熱心な人達だけなので、結構デッサンに集中して居ましたが、午後になると私と同年配の方など力尽きて隣の部屋で休憩。 

私は一応頑張りましたが、帰る段になってすっかり疲れ果ていつものように頭痛がしてきました。ここのところデッサン会があった日は帰り際になるといつも頭痛がするのです。部屋の空気が悪いのかと思ったのですが、疲れのせいかも。。。think

それでも汗臭いまま家に帰るのも嫌なのでいつものように日帰り温泉で汗を流し、食事をしたまではよかったのですが、なんだか体がだるい。

家に帰り、テレビも観ずにそのまま休みました。もしかして軽い熱中症ではなかったかしら。

001_480x321

15分

002_480x321
10分

004_480x321

15分

006_480x321

5分

007_480x321
5分

008_480x321

5分?

011_480x321

15分

013_480x321

ムーヴィング 

015_480x321
ムーヴィング

016_480x321

ムーヴィング

小さめの剥せるクロッキー帖が必要なのに忘れてもっていかなかったので大きなクロッキー帖に描きました。動くモデルを描くためクロッキー帖をクリップで止めるわけにはいかず、扇風機の風でクロッキー帖ががパタパタ。。。wobbly 





| | コメント (6)

キャンバスに複数の絵

先日、女性を描いたドガの絵をX線で見たところ、別の女性が浮かび上がった、というニユースがありました。

歴史上の画家の絵では時々話題になることですが。一枚のキャンバスに一つのモチーフを徹頭徹尾描き上げるという画家はよほど几帳面か迷いのない性格の持ち主のどちらかで、大概の画家は、描いた絵が途中で気に入らなくなるなどして別のモチーフを重ねるということがよくあることでさして珍しいことでもありません。 

並外れたデッサン力のドガでさえも、何らかの理由で最初に描いた人物画が潰してしまうほど気に入らなかったとみえます。

歴史上の画家達の絵を一点一点すべてX線にかけたなら面白い結果になるかもしれませんね。

002_480x321_2

F8号 霞沢岳〔上高地〕

この絵の下が浅間山だったりしますね。

004_480x321

F6号 焼岳

数日前にUPした絵ですが少し直した部分があります。
この絵にも下に別の絵があります(^_^;)

| | コメント (4)

コテコテの上高地風景(^_^;)

先日、アトリエの大掃除で旧い絵や途中で放棄したままの絵が出てきました。5,6年前に行った上高地の絵も数枚出てきたので、ちょっと手を加えUPしました。

かっぱ橋付近からの絵は、かなり腕の良い画家でも自嘲気味に〔絵葉書的になってしまう〕と言い訳するくらいですから、私などは言わずもがなのこと事。 

いっそ描かなければ問題はない筈なのに、行ったからにはどうしても描いてしまうんですね、これが。。。(~_~;)

SMやせいぜい4号ぐらいならどうにかごまかせますが、10号となると手こずります。↓

001_480x321

F10号 誰が見ても上高地風景eye

明治、大正の画家たちもこの風景をいろいろ角度を変えたり、立ち木を利用して独自性が出るよう工夫を凝らしていますがやはり難しかったのではと思います。

しかし、明治大正、昭和の文人墨客も上高地に好んで出かけたようですね。

芥川龍之介など登山もしたというのですから交通の不便なあの時代大変な旅支度だったのではないでしょうか。

| | コメント (6)

フォトギャラリーの氾濫|д゚)

数日前からどうしたことか画像をストックしているフォトギャラリーが滅茶苦茶になってしまいました。

今までなら新しい順に画面に現れて何の問題もなくブログにUP出来たのが、突然順序が狂ってしまい、新しい画像を探し出すのに時間がかかります。 

そればかりか、同じ画像が複数になり4,5枚になっているのも。。。もう面倒くさい!どうしたもんじゃろうのう・・・・bearing

それでもがんばって今月のデッサン会で描いたものをUP。

001_480x321

013_480x321
15分

012_480x321

15分

010_480x321
15分

008_480x321
5分

006_480x321
5分

007_480x321
 10分

↓ムーヴィング3点
014_480x321

015_480x321

018_480x321


| | コメント (6)

〔誰も知らない〔名画の味方〕〕を読む

〔誰も知らない〔名画の見方〕〕著者は美術史学者、美術史評論家の高階秀爾氏、を読んでいます。

この本は、誰もがどこかで一度は見たことのある名画を、普段絵画に馴染んでない方にでも判りやすく、面白く書いてあります。 

たとえば、お馴染みフェルメールの〔真珠の首飾りの少女〕についてはヤン・ファンエイク と比較して、目の描き方に自然にはあり得ない白い点として描かれた光が生き生きとした光を与え、その目の輝きに観たものが心を奪われる、とあります。 

この絵、私も何度も観てはいるのですが、写実とばかり思っていました。そうではなく画家のテクニックだというのです。へぇ~そうだったんだ。。。

また天才の名を欲しいままにしたピカソが、じつは己が絵に振り回されていたという話。〔絵画は私より強い。絵画はいつも自分をひきまわして好きなようにさせる〕  と。

またゴーギャンの〔異国のエヴァ〕については〔生命の源〕という点で自分にとって最も身近で切実な存在である母をエヴァとして描いた、そうです。知らなかったなぁ。。。 

絵と照らし合わせて読めるのでこの本で絵画がぐっと身近なものになるのではないかと思います。

とても読みやすく今日、眼科の待合室で大半を読んでしまいました。

Photo

| | コメント (6)

愚作地獄・・・・|д゚)

昨年暮れに掃除したきりアトリエの掃除をしていなかったので、いよいよゴミが大きなポリ袋いっぱいになってしまいました。

ごみ袋をいっぱいにする趣味は無いのですが、画材屋で用具を買う時にキャンバスなど柄の大きいものが多くそれを入れる袋をゴミ袋に使っているので  その袋がいっぱいになるまでごみは捨てられずにアトリエにあるという寸法。。。coldsweats01 

いざ掃除となると、イーゼルの奥や椅子の下の埃を掃除するために下に積み重ねた旧い絵を引っ張り出さなければならない。。。

引っ張り出せばどうなるかというと・・・そのまま元どおりに戻すというわけにはいかないのですよ。何せ、完成品などほとんどないのですから。。。 

ほとんどが中途半端で、絵がもしどこかへお嫁入りということになれば、急きょ付け焼刃で仕上げるという荒業。。。

数年ぶりで見る絵など絵の具の酸化で色が沈みお色直しをする必要があるのでこれまた仕舞い込めずに脇に積み重ねておく状態。 

結局掃除と云いながらかえってアトリエが散乱するしまつで、なんのことはない、明日からまた愚作の手直しが増えただけの話。

ま、いいでしょう。こうして私は一生退屈知らずでいられますから。。。think

002_480x321

001_480x321

しばらくは出しっぱなしになる予感・・・(ノ_≦。)

| | コメント (2)

月例デッサン会

昨日〔第2日曜日〕は月例デッサン会でした。朝から暑いのでクーラーを付けようとしたら〔故障につき使用不能〕の張り紙が。。。

急遽取り付けたらしい小さい扇風機が天井に4個つけられていてなんとか暑さを凌げそう、と思ったのが暑さに鈍感な私だけ。 

気の毒なのは若いモデル嬢。ポーズが終わるごとに部屋を開け放ち窓から入る風で暑さをしのいでいます。しまいには、いつもは完全に密閉した部屋でのデッサン会なのですが、仕切りを開け、部屋を広くしての作業。

困ったのは扇風機の風で窓のカーテンがはねあがり、クロッキー帳がめくれあちこちでざわざわクリップの用意の無い方は災難で、その周囲のざわめきが伝染し落ち着かない事おびただしい。という最悪の条件でのデッサン会でした。

001_480x321

15分

012_480x321

15分

006_480x321

10分

005_480x321

5分

009_480x321

5分 

上手く描けなかったのはさもクーラーのせい、と言わんばかりcoldsweats01

どんな条件でも上手い人は何の問題もないのです。









| | コメント (6)

元のもくあみに・・・(+_+)

以前に初期デッサンの勉強に私のアトリエに来ていたTさんとSさんが、不定期でいいからまた勉強したいと昨日やってきました。

私は自分の指導力の無さ、絵を学びたい人との意識のずれ、時間が惜しい、その他諸々の理由でデッサン勉強会を止めてしまいましたが、他のデッサン会で描いたものを不定期に見て差し上げるのは時々しています。 

このお二人もどこかのデッサン会に行って勉強しているそうですが、指導者が居ないそうで描いたものを見ると、あれま、また元に戻っている。。。think

そうなんですよねぇ。。。デッサン力がきちんと身につかないうちはたいがい元のもくあみになってしまう。途中で〔もうやめたっ!pout〕と投げ出したこちらも少しは責任があるので、他で勉強してきたものならみて差し上げようかと。。。

002_480x321

振出しに戻りましたbearing

| | コメント (4)

より以前の記事一覧